ブログ

  • HOME
  • スクールカリキュラム・お月謝
  • 各教場のご案内
  • バレエスクールQ&A

HOMEブログ未分類トゥリボンについて・・・亜委(あき)です

トゥリボンについて・・・亜委(あき)です

2011年10月10日 月曜日

最近、また風邪が流行っていますね。みなさまお元気ですか?

レッスンでしっかり身体を動かし、汗をかいて風邪なんかに負けないでくださいね…

今回はトゥシューズのリボンを付ける位置について、書きたいと思います。

以前、トゥシューズの事について、薫先生が前にブログアップしていましたね。

トゥシューズの種類は、私達教師がそれぞれに合ったものを選んでお渡ししています。


柔らかいトゥシューズは履き始めの人達。


慣れてくれば少しずつ硬めに変えています。


硬いトゥシューズは足指の力はもちろん、腰の上がり具合が重要ですから、指の皮がめくれたり、足首が痛いなど故障の原因になりますので、くれぐれも勝手に選ばないで、私たち教師に相談してから、トゥシューズを買ってくださいね…

さて、トゥシューズはもともとリボンが着いているものと、着いていないものがあります。


普段はリボンの着ける位置については、個別に説明していますが、ブログ的に改めて皆さまにも少しレクチャーしてみたいと思います****

リボンの付ける位置が悪いと、踵(かかと)がすぐに脱げてしまったり、足の甲や足首がきれいに伸びなかったりしますから、位置は大切です。でも簡単なので、すぐ着ける事が出来るのでご安心を!

とうことで、下の写真をご覧ください・・・・

トゥリボンの縫いつけ位置



踵(かかと)を折り曲げ折り目にリボンを合わせて縫い付けてください。この位置が1番適した位置になります。

もしも、はじめからリボンがついているトゥシューズでも、いったん切り取って着け直すことは簡単です、どうぞお試しくださいませ…

足に負担のかからない位置を覚えてくださいね…


********************



月別アーカイブ

  • ブログ