ブログ

  • HOME
  • スクールカリキュラム・お月謝
  • 各教場のご案内
  • バレエスクールQ&A

HOMEブログ教師ブログバレエストレッチ特化クラスの効果☆

バレエストレッチ特化クラスの効果☆

2016年10月23日 日曜日

賀代です😊

今日は日曜日、大人気の「バレエストレッチ特化クラス」のレッスン日です。

 

午前中の1時間、しっかりストレッチクラスを受けた後で一人で踊るヴァリエーションのリハーサルに移っていきます。

 

ストレッチクラスの開講以前でも、もちろんリハーサル前にはストレッチ自体はしていたんですが、あくまでも「最低限」。

でもリハーサル前にしっかり1時間のストレッチクラスが始まってからは、受講者の動きがまるで変わってきました!

 

具体的には全体的にヒザの開き具合と伸び率がアップしてきていて、徐々に受講していない生徒の踊りとは差がついてきています。

 

一般的なストレッチのイメージからすると、もともと柔らかい子には必要ないと思われがちですが、それは大きな間違いです。

というのも、ウチのストレッチクラスはあくまでも「バレエストレッチ特化」。

クラシックバレエでは柔軟性が必要な部分と筋力をつけなければならない部分があるため、単に全身を柔らかくするだけではダメ!

キレイな踊りにはつながらないんです。

 

写真で見ると同じように見えても、普通の“柔軟体操”とは全然別物というわけです。

 

f1f33195-8eca-4862-9fe3-26b6066f9339

例えば、身体が硬くカチカチだったある生徒さんは、最初は見るからに苦痛そうにストレッチを受けていました。

 

でも段々と身体が柔らかくなってくるうちにストレッチの大切さが実感できたようで、お家でもご家族に身体を押してもらったりして積極的に取り組むようになったそうです。

特に今まで苦手だった背筋を使って反ってからのバランスなんてことも、今では高い位置でピタッと止まれるようになりました‼️

 

彼女以外にも「先生、これができるようになったよ!」と、生き生きと報告してくれる生徒たちが増えてきているのがとっても嬉しいです⭐️

普段のお稽古でも、レッスン前に自分から進んでストレッチをする姿を見かけるようにもなりましたし、随分と意識が変わってきています😊

 

img_1966

 

実際に出来ることが増えてくると動きの幅も広がりますし、何より自信になるので更に頑張れますね😊

 

私自身もバレエストレッチのカリキュラムを教わり指導できるようになってからは、1番硬いお尻がほぐれて足の開きが良くなってきたのでとても嬉しいです😆

もともとが硬いので長年ストレッチを頑張ってきましたが、自己流で頑張っていても勝手に自分に都合のいいストレッチばかりしてしまっていたことが良く分かります。

 

35e0d899-c080-41aa-95bb-e9e686e642ea

なので「私は柔らかいから大丈夫!」なんて思っている人でも、油断は禁物!バレエで必要な「柔らさ+強さ」は不十分なことが多いですからね⭐️

 

もし自分自身のバレエに満足できなくなってきたときには、ぜひこの「バレエストレッチ特化クラス」を受けてみてください!

取り組み次第で、自分でもビックリするくらい変化があるはずですからね!

febe1204-4c50-4356-9967-8973e15f2dd9

 

 

PS.

毎週月曜日の13時からは、大人のためのストレッチクラスも行っています。

11月からは泉北本校の木曜正午からと、河内長野校の金曜夜7時半からのストレッチクラスが開講します😊

大人用は子供用と違ってクールダウンのためのストレッチ。

そのため1つ1つのストレッチをゆっくり時間をかけますので、通常レッスン後の疲労感がかなり軽減されるうえに、ハードな感じがしないのにいい汗がかけると評判です⭐️

生徒のお母様も大歓迎ですので、興味のある方はぜひ1度お試しください😊

月別アーカイブ

  • ブログ