ブログ

  • HOME
  • スクールカリキュラム・お月謝
  • 各教場のご案内
  • バレエスクールQ&A

HOMEブログ未分類「海賊」全幕!バレエ芸術劇場のお知らせ・・・亜委です

「海賊」全幕!バレエ芸術劇場のお知らせ・・・亜委です

2016年11月10日 木曜日

あきです💐

毎年恒例、公益社団法人 日本バレエ協会関西支部 バレエ芸術劇場(フェスティバルホール) のチラシが出来上がって来ました😄
img_6338

演目は【海賊】 全幕!

 

多真美先生が、オダリスク(トリオ)のソリストで出演します😊

 

男性の主役は、今年の本田道子バレエ団公演で、理江香先生のパートナー の青木 崇さん😊

 

img_6339

これは前回(2002年に理江香先生が主役の時🎉)のプログラムです。

 

この「海賊」という作品は、バリエーションやパドドゥはコンクールやコンサートでよく踊られるので、名前はご存知の方も多いはず・・・

なんですが、全幕上演は滅多にないので、どんな物語なのかはあまり知られていない作品ではないでしょうか?
ということで、今回上演されるロシア・キーロフ・バレエのコンスタンチン・セルゲイエフ版のストーリーを、簡単にご紹介すると…

 

おっと!その前に偉大な故コンスタンチン・セルゲイエフ先生のことを少しばかり紹介させてください・・・

かつてキーロフバレエの総裁やワガノワバレエアカデミー名誉教授 、ロシア連邦人民芸術家として近代バレエ界を代表するダンサーであり振付家だった先生は、私がワガノワバレエ学校に留学中には、まだ現役の総裁をされていました。

厳しい教授でしたが笑顔は優しく、ものすごいパワーをお持ちの先生で、ご自宅にお招きいただいたときには緊張でお茶がノドを通らないほど。今思えばとても貴重な経験😄で、まるで昨日のように思い出されます。

薫先生、理江香先生も過去の芸術劇場の振付で、直接ご指導いただいたことも数回ありました。

そんな偉大な先生が振付された「海賊」全幕は、まさにクラシックバレエの王道ともいえるもので、久しぶりに観られるのが今から楽しみです。

 

では、ここから「海賊」のストーリーです・・・

第1幕

舞台は、ギリシャに面した地中海のイオニア海。海賊たちを乗せた船が嵐で難破し、海辺に打ち上げられる。

そこへギリシャの娘メドゥーラ(メドーラ)が通りかかり、友人のギュリナーラ(グリナーラ)と一緒に海賊たちを救い出す。メドゥーラは、海賊の首領コンラッドと一瞬にして恋に落ちる。

 

すると突然トルコ軍が乱入。メドゥーラ達は捕えられ、奴隷商人ランケデムに引き渡されてしまう。

メドゥーラ達は奴隷市場に連れていかれるが、そこへ海賊の首領コンラッドが乱入。ランケデムを捕え、メドゥーラ達を助け出す。

 

第2幕

海賊の洞窟で宴会が開かれる中、コンラッドの仲間ビルバントが奴隷商人ランケデムを味方に味方に引き入れ、コンラッドに反乱を起こす。

騒ぎを聞きつけたコンラッドの忠臣アリがかけつけるが、すでにメドゥーラ達はビルバントに連れ去られた後だった。

 

第3幕

ランケデムから奴隷としてメドゥーラ達を買ったトルコ総督のハーレムでは、美女たちが華麗に舞っていた。

そこに僧侶に変装したコンラッドと忠臣アリが潜入。乱闘の末、再びメド―ラとギュリナーラを助け出す。

 

こうして二人の美女と共に、海賊コンラッド達は再び海に漕ぎ出していくのであった…

 

なんとも情熱的な物語ですよねー

スケールの大きな作品なので、なかなか日本では全幕上演が少ないので、ぜひこの機会にご覧いただきたいと思います😁

 

本田道子バレエス団、付属スクールからの出演者は・・・

堀川賀代、木岡多真美、

鳴橋実加、吉田あやな、本田百恵、川嶋芙優、松尾 桜、綿 琴葉、西田萌珠、二宮桜子、木内広美、中野あるの

以上12名😊

 

チケットはS席¥10.000、A席¥8.000。フェスティバルホール。

お申し込みは、当団事務局(Tel 072-291-8981)または各担当教師まで。

適当な封筒に、お名前、席種、枚数を記入の上、チケット代と一緒にお申し込みくださいませ〜〜😊

 

それから、当団、スクールに所属していない一般の方でもチケットの購入は可能ですので、ぜひお気軽に上記事務局までお問い合わせください。

 

貴重なセルゲイエフ版の「海賊」が観られるこの機会を、どうぞお見逃しなく!🙇🏻

月別アーカイブ

  • ブログ