ブログ

  • HOME
  • スクールカリキュラム・お月謝
  • 各教場のご案内
  • バレエスクールQ&A

HOMEブログ教師ブログあの中◯祥子さんの・・・亜委です

あの中◯祥子さんの・・・亜委です

2016年12月7日 水曜日

あきです😊

先日から教室に「中村祥子」さんの直筆サインが置いてあるのをご存知ですか?✌️

img_6344

中村祥子さんといえば、「SHOKO」というマンガ本のモデルにもなった、日本のトップバレリーナのひとり!

今は日本に拠点を戻し、熊川哲也氏のKバレエカンパニーにゲスト・プリンシパルとして活躍中。

 

1996年 ローザンヌ国際バレエコンクールでスカラシップを受賞して以来、海外生活がスタート。

日本人離れしたスタイルの持ち主の祥子さんですが、留学中には骨格的にバレエに向いていないと指摘され、一から身体を作り変えることからたったそうです😱

 

かつて理江香先生のロシア留学中にも同じような出来事がありましたが、うらやましい体型の祥子さんですら海外に出るとこんな指摘を受けるなんて・・・

だからこそ、日本人のバレエには「本田メソッド」のような日本人の身体に合わせたメソッドが必要なんですよ!

やはり、筋肉の使い方、アンデオール(外向き)は徹底的に厳しく指導されたようです。

img_6433

 

その後、シュツットガルトバレエ団に入団。

しかし練習中に靭帯断裂の大ケガで帰国・・・なんと2年間もリハビリ生活を送ることに😱

 

復帰後は、努力を積み重ねて海外で長く活躍。その間、結婚/出産も経験されているんですよ😊

ちなみに、出産5ヶ月後には舞台出演したそうです😳

 

・・・興味のある方は「SHOKO」をぜひ読んでみてください。とても勉強になると思いますよ!

 

で、そんな祥子さんのサインがどうして教室にあるのかというと、祥子さんとお付き合いがある本部校の Eちゃんのお母様が、東京に舞台を見に行くというお話から「直筆サイン」をリクエストしたというわけなんです。

Eちゃんママは終演後に祥子さん家族と食事するほどの間柄😍

実は、ママが本田バレエに決めたときも、祥子さんからアドバイスがあったからだそうなんですよ😄

img_6434

関西では祥子さんの踊りを観る機会がほとんどないのが残念です😰が、一度は「生・祥子さん」を観てみたいです。

直筆サインは泉北本校・泉佐野本部校・河内長野校に飾っていますので、ぜひご覧くださいませ〜🎀

 

ではまた🙋

月別アーカイブ

  • ブログ