ブログ

  • HOME
  • スクールカリキュラム・お月謝
  • 各教場のご案内
  • バレエスクールQ&A

HOMEブログ教師ブログその質問いただき❗️‥‥‥理江香です🌸

その質問いただき❗️‥‥‥理江香です🌸

2017年4月6日 木曜日

理江香です。

 

教えることで教えられる‥‥ってありますよね。

今回はそう感じた時のことを‥‥

 

と言いつつ、ちょっと余談になりますが、毎週火曜日、心斎橋にあるチャコットのカルチャースタジオでも指導させてもらうようになって、もう12年くらい。

(チャコットカルチャーでのレッスン風景)

 

ですので、私が担当しだした最初から来てくださっている方々とは長〜いお付き合いになりますね〜😊

先日も、「干支をひとまわりしたよね〜」とお互いに苦笑いしました😅

 

さて、ここから本題です…

チャコットでは1時間半のレッスンですので割と時間に余裕があり、休憩の意味もあっていろんな話をするんですけど、その時に皆さんがレッスンの事で色んな質問をしてくれるんですね。

それが私にとっては目からウロコな時があるんです。

例えばこれ!

5番ポジションから始まり、プリエをしながらこの形になるのですが、お手本を見せてからやってもらうと、「なんか先生のと違うわ〜どうやったらカッコ良くなる?どこが違うんやろ?」と‥‥

 

それでもう一度やってみてもらってよく見たら、前に上がっている足を曲げてアティチュードの形にするタイミングがおかしかった事を発見!

 

そうか!私達は長年踊ってきてあたりまえのようにタイミングが分かって踊ってるけど、こんなところも丁寧に説明すべきなんだと気付かせてせてもらったんです。

 

そこで、どのタイミングで曲げてもらうかをもう一度説明してやり直してもらったら、格段にキレイになるじゃないですか!

 

私にはあたりまえでも、皆さんにとってはそうじゃないんだ。こんなことが他にももっとあるはず‥‥と気付かせてもらいました😊

 

そしてこんな感じで改めて考えさせられることで自分が踊る時も、より丁寧にクリアに踊ろうと思うようになりました。

 

今回はたまたまチャコットの皆さんとのエピソードをお話ししましたが、もちろん当スクールの生徒たちとの会話や、オープンクラスの方々との会話の中にもたくさんの気付きがあり、まだまだ勉強しなくちゃいけないな〜と感じさせられます。

ホントに教えることでたくさん教えられてます😊

 

だからもし、こんなこと今さら恥ずかしくて質問できない〜なんて思っている人がいたら、恥ずかしがらずに聞いてきてくださいね😊

 

逆に、その質問ありがと〜!って言ってもらえるかもしれませんよ(笑笑)

 

ではまた〜👋

 

 

月別アーカイブ

  • ブログ