ブログ

  • HOME
  • スクールカリキュラム・お月謝
  • 各教場のご案内
  • バレエスクールQ&A

HOMEブログ教師ブログ「私、日本人です」・・・亜委です

「私、日本人です」・・・亜委です

2017年6月8日 木曜日

あきです😊

 

あれは二十数年前。

 

理江香先生が、
東京の全日本バレエコンクールに出場するため、一週間ほどサポートに付いて行ったときのことです。

何日目かの朝、「トントン」とドアノックがしたので

(大先生がお呼びだ〜)
と思って、

「は〜〜い」

と大阪弁バリバリのイントネーションで、急いでドアを開けました。

でもそこに立っていたのはホテルの客室係の女性でした。

私の顔を見るなり👀

「good morning !
#%&@€$£…」

英語でベラベラ話しかけてくるではありませんか〜〜😱

この状況に混乱してしまった私は思わず、

「私、日本人ですけど〜〜」

そ〜〜っと言いました😣

客室係の女性もビックリ顔で

「失礼いたしました。すみません🙇🏻」

何の用事で来たのかは、忘れましたが、奥で理江香先生が大笑いしてたのは言うまでもありません🤣

これが初めて外国人と間違えられた時のことです。

以降全く無かったのですが…

ここ1、2年、しかも何回も…😩

まず泉佐野本部校では、Eちゃんのママが見学に来られて初対面の時に…

Eちゃんママ
「センセ〜、ガイジン?」

わたし
「いや〜それはママでしょう😆」

そう、Eちゃんママのお国はポーランド。

見間違えても日本人には見えません😊

「なんで〜😩」

って感じの初顔合わせでした😁

そして、
長女の高校のお友達(アゼルバイジャン人×日本人)どこから見ても濃〜いお顔の持ち主さんからも…

お友達
「ママはハーフ?」

わたし
「いえいえ、ハーフはあなたでしょう🤣」

またある時は、
久しぶりに行った
USJの入口のゲートで…

「Hello〜〜ticket please
OK! come on!」

「はぁ〜〜?」と私。

ポップコーンを買っても、お土産を買っても、
英語で話しかけてくるキャストたち。

ご存知の通り、バリバリの大阪弁で注文しているんですよ、私。

アトラクションに乗っても、私だけが英語で話しかけられることもありました😩

それを見て家族はみんな大爆笑🤣🤣

そして最近、スーパー銭湯へ行った時も風呂の中で言われました😊

「あなた日本語とても上手ね、どこから来たの?」と。

これにはもう返す言葉もなく、笑ってましたが…
⬇︎こんな髪の毛の色やからでしょうか😅

左は今。右は以前にしてたヘアカラーです😁

 

しかしまあ、なんでやろ〜〜

でもポジティブに
良いほうに考えました😜

(私、バレリーナやったし、1年ロシアにいたから何十年経っても、海外のオーラがきっといっぱい出てるんやわ〜〜😘)
という結果にいたりました。

バレエのおかげ(と私は信じます)で外国の方(どこの国かはわかりませんが)に間違えられるという、おもしろおかしなお話でした🤣🤣

ではまた✌️

月別アーカイブ

  • ブログ