ブログ

  • HOME
  • スクールカリキュラム・お月謝
  • 各教場のご案内
  • バレエスクールQ&A

HOMEブログ教師ブログあぁ〜なるほど!‥‥薫です

あぁ〜なるほど!‥‥薫です

2017年6月10日 土曜日

薫です😊

 

「今年はどんなお衣裳かな?」

 

と、6月25日のカーニバルに出演する生徒たちは、お衣裳の入った段ボール箱が開くのを、今か今かと楽しみにしているようです🎵

 

きれいでかわいいお衣裳❤️

 

女の子なら、誰だって憧れますよね〜✨

 

選ぶ私達教師も、いろいろ曲のイメージから考えたり、

 

「〇〇ちゃんには、こんなの似合うだろうな〜」

 

と、毎回、楽しんで選んでいます😊

 

私が子供頃は、全て自分のサイズにあったお衣裳を作ってもらい、買い取りでしたので、実家には、小さい時のお衣裳が何着もあるんです🤗

 

 

その当時は、まだ我が家にビデオというものがなかったので、今となっては、写真とそのお衣裳たちが、思い出の品となっています✨

 

これは、初舞台の時のお衣裳♡

”くまさんのピクニック”を踊った時の私です🎵

(あんまり顔変わってないな〜笑)

 

ベストを脱いだら、また違う作品にも着られるという、とても機能的なお衣裳😊

 

もちろん、自分のサイズに作ってもらっていたので、フィット感は抜群!

 

今では、貸し衣裳が主流となりましたので、お衣裳をもらったら、自分の身に合うよう、少しお直しが必要となってくる場合もあります。

 

そこで、よく質問される、糸ループ(通称ムシ)の作り方をご紹介!

注: 生地と同じ色の糸、もしくは同系色の糸を使用して下さいね✋🏻

(写真は、見やすさのために、色付きの糸を使用しています。)

 

① 糸は二本どりで、ホックの幅より、少し狭めのループをつくります。

 

② ループの下から針を通します。

 

③ 針に糸を巻きつけて、ギュッと針を引っ張ります。

④ これを何回も繰り返し、上まできたら、針を下に通し、玉止め。

⑤ ムシの完成!

 

出来上がったら、実際にホックにかけてみて、ちゃんと引っかかるか、位置はあってるかなど、最終チェックしてみて下さいね🤗

 

ゴソゴソするような、大きめのお衣裳のまま舞台に出ては、せっかくの上手な踊りも台無しになっちゃいます😥

 

慣れたら、そう難しくありませんので、是非、参考にしてみて下さいね😊

月別アーカイブ

  • ブログ