ブログ

  • HOME
  • スクールカリキュラム・お月謝
  • 各教場のご案内
  • バレエスクールQ&A

HOMEブログ教師ブログ良いパフォーマンスをするために‥‥‥理江香です🍀

良いパフォーマンスをするために‥‥‥理江香です🍀

2017年8月17日 木曜日

理江香です。

 

「君たち、練習は丁寧なのに、待ち時間の使い方がヘタだねぇ〜」

 

これは、痛めた身体の治療をいつもしてくれている整体の先生のお言葉😅

 

ちょっとドキっとしますよね?

 

どうヘタなの?って🤔

 

実は団公演本番の日、ゲネプロから本番終わりまで、この先生にトレーナーとして上手袖に控えていただいてたんです。

 

足の疲れをとってもらったり、体の歪みを整えてもらいながらの本番というのはとっても助かりました。

 

そして公演後にいつも通り治療に行った時、先生に言われたのがこのセリフ😅

 

先生はいろんなジャンルのアスリートを治療しているのですが、その中でもすごいことしてるな〜と思っていたバレリーナが、以外と舞台袖での待ち時間の使い方がヘタなことにびっくりされたようです。

 

冷える舞台袖で、レッグウォーマーやジャージなどを着用せずに、薄い衣裳1枚で出番を待ってる子にまずビックリ‼️

 

温まってた筋肉冷えるやん‥‥って。

 

私を含む年長者は加齢のために(苦笑)、踊りと踊りの間に体を冷やすと次に踊りにくくなるので、待ち時間がほんの少しでも体を冷やさないように気をつけます。

 

これは自分が歳をとってきてるから気をつけなくちゃと思っていましたが、若い子たちもムダに筋肉を疲れさせないために、絶対にやらせなさいと言われました😅

 

そして、本当に疲れている時には下にマットなどを敷いて、完全に寝転んでしまうのがいちばん回復が早いそう☝️

 

目をつぶって1分半横になると、全身を血液が1周して、疲労が軽減するし筋肉も柔らかくなるんですって❗️

 

それなのに舞台袖で、「あーだんだん足パンパンになってきた〜😵」っていいながら座りもせず、立ちっぱなしの子を見て先生はまたまたびっくり😅

 

そりゃそうやろ😓と‥‥

 

私たちバレリーナはお行儀としてレッスン中に座ってはいけないと習いますが、本番は長丁場ですし、少しでも良いコンディションで踊ってもらいたいので、腰が落ちないよう待ち時間も適度に動きながら、疲労がきつい時にはちゃんと座って足を伸ばして休憩してくださいね。(もちろん分かってくれてると思いますが、ダラダラするのは別!)

 

他にも、水をこまめに飲むのは当たり前として、疲れてからではなく、疲れる前にクエン酸を摂るなど、たくさんのアドバイスをいただきましたよ。

 

団公演を第1回目から観てくださっている先生。

 

団長からの紹介で、私以外にも普段から先生にお世話になってる子が多いこともあり、今年は裏でサポートしたいと申し出てくださって、本当にたくさん助けていただきました。

 

そして、まだ体の使い方でアドバイスできることがあるはずだと、先日普段の基礎レッスンも見に来てくださったんです❗️

 

ちょうどコンクールレッスンをしていたので、治療してもらったり、バレエのレッスンとはまた少し違った体の使い方の指導をしてもらいました😊

 

 

団員のSちゃんは、格段に動きが良くなったんですよ〜👏

 

もうひとつ、先生が驚いていたのは、本田バレエの子はみんな基礎をきっちりやってるから治療による体の反応もいいし、少しのアドバイスですぐに動きが良くなるね〜と😊

 

ほめてもらえるところがあって良かった〜😅

 

 

私もまだまだ勉強中ですが、こうして習ったことを普段のレッスンで少しずつ伝えていきますね😊

 

またいろんなネタ仕入れておきま〜す👋

月別アーカイブ

  • ブログ