ブログ

  • HOME
  • スクールカリキュラム・お月謝
  • 各教場のご案内
  • バレエスクールQ&A

HOMEブログ教師ブログやはり効果アリ!! ・・・亜委です

やはり効果アリ!! ・・・亜委です

2017年11月16日 木曜日

 

あきです😊

 

「(一人で踊る)ヴァリエーション(以下Va)の踊り方が柔らかく、きれいになってきているわ😊」

「やっぱりストレッチが効いてきてるわ!」

 

これは、先日11/3に開催された堺バレエフェスティバルで、生徒たちのVaをご覧になった学園長がつぶやかれた一言…

 

「あ〜😊 やっぱりコツコツと努力してきたら、ちゃんと結果につながるんだわ〜〜✌️」

 

と私、とても嬉しくなりました😊

 

確かに、特にストレッチクラスの受講生は、はるかに足がアンデオール(外向き)になってきています。

通常のヴァリエーションのリハーサルでも、バーレッスンの前には簡単なストレッチはしますが、

当スクール独自のバレエストレッチ特化クラスでは、1時間もかけてしっかり伸ばしていくので、動きやすいに決まっていますよね!

 

バレエストレッチ特化クラスの様子

 

私が留学していたロシア国立ワガノワバレエアカデミーでも、低学年からクラシックバレエの授業前には必ずストレッチクラスがあります。

 

みんなストレッチマットを敷いて、

「こんな柔らかい子でも、ここまでストレッチするのね〜〜😱」

と、口がポカーンと開いたままになるほどなんですよ!

 

そうやって高学年になるので、レッスン前の自習ストレッチも人間離れした光景がよく見られました😂

しかし、

いつも言ってる通り、ロシア人とは全く骨格が違うので、日本人がそこまで同じようにすると、あちこち痛めてしまう原因にもなります。

 

なので、

バレエストレッチ特化クラスの主任教師でもある薫先生が研究した、

(ただ単なる柔軟運動とはまったく違う)日本人の身体に最適なバレエストレッチを指導してもらえるので、無闇に一人で柔軟して痛めてしまうような心配がないんです✌️

 

まだ未経験のあなた…

ぜひ、お試しで一度体験してみませんか?(初回お試しは無料)

 

それに、一度バレエに最適なストレッチ方法を学べばお家でもできるので、ずっと受講し続けなくても、必要な時にだけ受けても効果ありですよ!

 

もし、あなたが少しでも興味があるなら、担当教師まで遠慮なく相談してみてくださいね😊

 

ではまた👋👋

 

 

月別アーカイブ

  • ブログ