ブログ

  • HOME
  • スクールカリキュラム・お月謝
  • 各教場のご案内
  • バレエスクールQ&A

HOMEブログ教師ブログバレエシューズの裏側、じっくり見た事ある?‥‥‥理江香です🍀

バレエシューズの裏側、じっくり見た事ある?‥‥‥理江香です🍀

2018年3月15日 木曜日

理江香です。

 

バレエシューズのソールって、大きく分けて2種類あるって知ってましたか?

 

「またシューズの話〜? 理江香先生ほんまに足好きなんやな〜」なんて言わないで🤣今日はバレエシューズの話なのでおつきあいくださいね。

 

もう知ってる人もいるかと思いますが、バレエシューズのソールには、フルソールとスプリットソールとがあります。

 

フルソール

 

スプリットソール

 

どちらを履いてもいいのですが、小学生のうちは断然フルソールをお勧めします❗

 

つま先からかかとまで、シューズの裏が皮になっているフルソールは、足の指も土踏まずもしっかり使わないとつま先が伸びない(伸びて見えない)ので鍛えられます。

 

皮ですからね〜

 

足裏のアーチをつくるのがたいへん❗

 

反対に、スプリットソールは土踏まずの部分が布になってるので足裏のアーチがつくりやすくつま先がキレイに見えますが、鍛えるという点ではイマイチ。

 

という訳で、まだまだつま先を鍛えないといけない年齢のうちは、ぜひフルソールのシューズを履いて欲しいです。

 

もちろん本田バレエのみんなにも子供のうちはフルソールを履いてもらってます😊

 

キレイなつま先になるよう、皮の硬さに負けないようにアーチをつくって、頑張って足先全体を鍛えましょうね😊

 

 

ちなみに私は今スプリットソールですが、だいぶ大人になってから履き始めましたよ〜

 

つま先の美しさはバレリーナにとって大切な要素のひとつ✨

 

「つま先美人」目指して一緒にレッスン頑張りましょうね😊

 

月別アーカイブ

  • ブログ