ブログ

  • HOME
  • スクールカリキュラム・お月謝
  • 各教場のご案内
  • バレエスクールQ&A

HOMEブログ教師ブログ本番メイクでわくわく!?・・・亜委です

本番メイクでわくわく!?・・・亜委です

2018年6月25日 月曜日

あきです😊

 

昨日、バレエカーニバルが無事終了いたしました🎉🎉🎉

 

たくさんのあたたかい応援の拍手👏👏👏

ありがとうございました😊

 

出演者のみなさん、保護者のみなさま、お疲れ様でした!

 

舞台に立って、たくさんの成長が見られました。

とても嬉しいです!

 

また次に向かって、一緒に前進しましょうね👍

 

 

さて、

本番直後の今日の話題は・・・

 

[本番用メイクアップ😍]の裏側大公開!

 

 

開演までに必ず完成しないといけない、そのメイク中の様子を、楽屋リポートしたいと思います!

 

(保護者の皆さま、特にお父さまたち男性は、楽屋に入れないので気になりますよね〜😘)

 

ウチの場合、下地メイクはママたちに(事前に講習はしているので💦)頑張ってもらうのですが、

(実は、これがなかなか難しい😩ので、こちらで手直しが必要になります。

なんと言っても年に1回しかしないから、ママたちすっかり忘れちゃいます。

いいんです!忘れても、大丈夫です🙆‍♀️ 出来ない場合はバレエ団員がお手伝いしますからね😊)

 

そして、仕上げメイクは、私たち教師や団員が行います。

ここからが、いつもこっそりのぞくくらいしかできない気になるシーンですね😊

 

まず最初に、メイクをしてもらう先生に、

ごあいさつ(声が小さかったり、言えなかったら、メイクはしてもらえません😤)

 

「おはようございます😃 よろしくお願いします」元気よく言えましたか?

 

さぁ!仕上げメイクスタートです!

 

下地メイクの手直しをしたら、フェイスパウダー(粉おしろい)をパタパタパタパタ。

 

この時に、いろんな話をして子どもたちの気持ちを落ち着かせる魔法を、こっそり先生たちはかけるんですよ😊

 

ちょっとパタパタが長くなってしまうこともあります😘

 

次は、子どもたちが一番気になって目を固く閉じちゃうアイライン。

 

ここでジッとできる子はキレイに仕上がるのですが、我慢できずガサガサしてしまったら…

 

「もぅ〜〜😫 あかんや〜〜ん😩」と、修正してやり直し!

 

先生の口からボヤきが聞こえたり・・・😆

 

ここまでの話しで、だいたいお察しいただけれると思いますが、

 

そう!

子どもたちのメイクは短時間勝負なんです!

 

時間が長引くと、集中できず、ガサガサし出すので、

いかに短時間でキレイに仕上げるかが最大ポイントなんです!!!!!

 

普段メイクのほぼ10倍くらい、太く濃く描くアイラインを、サッサ〜〜と引きたい!

と、思ってもなかなかサッサ〜〜と引かせてくれない😥時もあります。

 

そんな時は何とか集中させるために、いろんな話で気を引かせながら〜〜😙

 

生徒も先生も頑張ったので、パッチリおめめの出来上がり〜〜😍

 

ここまで終わるとあとはもうラストスパートです。

 

眉毛を描いたら、みんな大好きな💕口紅をして、さぁ仕上がりました!

 

自分でメイクが出来るようになるのは高校生くらいですね。

 

自分の顔は、やっぱり自分で仕上げるのが1番キレイ!

でも、そうできるまでには相当な回数を重ねていかないといけません。

 

私たち教師も簡単に、サッサ〜〜と仕上げてますが、相当な数をこなしてきたから出来ること。

 

ホント!顔がひとりずつ違うから、とても難しいんです😫

個性を壊さず、美しく仕上げるメイク。

そう簡単には、できません。

 

なので、コンクールなどで多くの他教室の生徒さんが集まる場所では、

なんで?って叫びたくなるほど「ひどい」メイクをされていることも珍しくありません😫

また、メイクには最新の流れがあるので、その情報収集も大切なんです!

せっかく踊りを頑張っても、メイクで台無しなんて悲しいですからね・・・

なので、ウチのメイクが「当たり前」ではなくて、最先端のとてもキレイなメイクなんですよ😊

 

ともかく、本番のメイクが自分で出来るまでは、

先生たちに顔を突き出してキレイに仕上げてもらってくださいね!

 

完成した仕上げメイクをちゃんと鏡で見て研究できるのも、本番当日しかできません。

いつか自分で仕上げまでメイクができるようになるために、次の舞台から自分研究を頑張って欲しいなぁと思います😊

 

ではまた👋👋

 

 

月別アーカイブ

  • ブログ