ブログ

  • HOME
  • スクールカリキュラム・お月謝
  • 各教場のご案内
  • バレエスクールQ&A

HOMEブログ教師ブログ手先を見るのって難しい⁇…亜委です

手先を見るのって難しい⁇…亜委です

2018年10月17日 水曜日

 

「アラベスクは何の前かなあ?」

「お鼻〜〜」

 

???・・・

 

実はこれ、「自分の手先を見る」という指導のひとコマ。

 

でも、手先を見なさい!って言われたら、

「そんなん簡単や〜〜ん」って思いませんか⁇

 

ところが、バレエの動きが一緒になると手脚を動かすことに必死で、手先なんて見てる場合じゃないようです(笑)

 

↑堺発表舞台リハーサル風景

 

じゃあ、慣れてきたら、自然に手先を見られるようになるのかと思いきや・・・

いえいえ、それがなかなかそう簡単にはいかないんですよ〜〜

 

よく考えてみてほしいんですが、あなたは普段の生活の中で(手のお手入れは別ですよ)「手先を見る」ことがありますか?

 

人が日常生活で手を使う時は、手を使って何かを掴んだり動かすことが目的なので、

目はその対象物を注視しているため、自分の指先自体を見ることって意外とないんです。

 

なので、「手先を見る」という簡単そうな動作が、実はちゃん意識してないとできないことなんです!

 

ではなぜ、「手先を見る」ことにこれだけ“こだわる”のかというと・・・

 

手を出した方向に目線と顔の向きが揃うと、どこから身体を見られてもきれいに見えるから!なんです。

 

雑誌で「バレエをしている人の所作は美しい〜〜」と取り上げられるのは、まさにこれ!

 

ということで、子供のうちに自然に手先を見られるようになって欲しいという、私の強い願いが、

レッスンのたびに私が口うるさく、

「手先を見なさい〜〜」

「お爪見てグランプリエしますよ〜〜」と大声で指導している理由なんです!

 

でも、「お爪見て」って言うと、かわいい💕ベーシックさんたち目線の先は・・・

そう私、あき先生のお爪・・・振り返って見てくれるんです〜〜❤️

 

「ちがうちがう😃 自分のお爪を見ますよ〜〜」

って、大阪人のお笑いのセンスも伸ばしながら(笑)、自然に手先を見られるようにレッスンレッスン!!!

 

余談ですが、

いつもみんなの注目を集める私の爪(笑)なので、ネイルアートは欠かせません。

昔は道具を揃えて自分でしていたこともありましたが、今は泉北本校のNちゃんのママ(もちろんプロのネイリスト!)にお任せしています。

全部お任せアートなので大変だと思いますが、いつも素晴らしい出来上がりで大満足!!!

今回もコリに凝った作品に仕上げてもらったのでアップします〜〜

ステンドグラスと、レインボーです

 

あなたも手先のきれいなバレリーナを目指して、一緒に楽しみながらレッスンしましょうね〜〜

 

ではまた👋👋

月別アーカイブ

  • ブログ