ブログ

  • HOME
  • スクールカリキュラム・お月謝
  • 各教場のご案内
  • バレエスクールQ&A

HOMEブログ

初トゥシューズ♡実加です。

2011年11月16日 水曜日

おはようございます。

2011年も早いもので残り2ヶ月をきってしまいました。

さて、タイトルにもなっている初トゥシューズ、、、

私の担当している尾崎校の2年生、3年生の5人が履く事になりました。

ひと月ほど前にシューズのサイズを聞いて発注していましたが、レッスンのたびに、「先生‼トゥシューズはまだ?」と聞かれるほど・・・本当に楽しみにしていたみたいで、トゥシューズを渡した時には目がキラキラ輝いていました。

もちろん、受け取っても簡単には履けないのがトゥシューズ・・・初めは足の入れ方やリボンの結び方のレクチャーから始まります。

先日、あき先生のブログにもあったように、リボンの結び方はとても重要!

自己流でグルグル巻いたり、変な巻き方を覚えてしまっては、足首を痛める原因になりかねません。

初日なので、その日はリボンの結び方を宿題にしましたが、お家でかなり練習したようで、次のレッスンの時には5人共しっかりマスターしていました。

ずっと憧れていたトゥシューズ。

私も初めてのトゥシューズをいただいた時、枕元において一緒に寝ていた事を思い出しました。

初々しい気持ちを忘れない様にして、これからもレッスン頑張りましょうね!

*****************************

「浪切ホールへ」…薫です

2011年11月15日 火曜日

来年の6月に行われる、創立45周年・特別生徒公演の開催場所である、「岸和田市立浪切ホール」へ、教師スタッフ一同で施設見学に行って参りました。



車では、阪神高速湾岸線「岸和田南インター」下りて約1分・電車では、南海本線「岸和田駅」下車、徒歩約10分と交通の便も良いところに位置しています。


堺エリア所属の皆さんには岸和田市のイメージから、少し遠いように感じられると思いますが、実際には意外とアクセスしやすいように思います。


外観は近代的で、全面ガラス張りでとても明るく開放的な印象を受けました。(少し写真では見づらいかもしれませんが…(^^ゞ)

ホール前には、港を守る神である「浪切神社」があり、ホールの名前の由来にもなっているそうです。

楽屋入口から入り、大ホール・楽屋・練習室等を見学させていただきました。


他の公演等でこのホールも何度か訪れたことはありますが、あらためて何も無い舞台を見ると、別のホールへ来たような・・・

「きれい!広い!すごい!」☆彡

客席数1552席の大ホールは、木目の壁に桟敷席もある座席。とても趣があり、3階席の高さには圧倒されました!

思わず、生徒たちが観客の皆さんにたくさんの拍手をいただいて、自信に満ちた表情でこの舞台上で一生懸命に踊る姿を想像して、嬉しくなってしまいました(*^_^*)

来年の本番ですが、当スクールが誇るハイレベルな舞台を、より多くの皆様にお楽しみいただけるよう、教師スタッフ一同、一層気を引き締めて精進して参りたいと思います!




*****************************

今回はバレエシューズについて・・・亜委です

2011年11月13日 日曜日

前回、トゥシューズ、タイツについてをアップしましたので、今回はバレエシューズについての説明を・・・

一番小さいサイズは15㎝で、全部布でできています。お人形さんの靴みたいに小さくて可愛いでしょう。

0.5㎝きざみで大きいサイズまでありますからご心配なく。

16㎝から前皮シューズになります。(写真1)

写真1・下が15㎝のシューズ。上が24㎝の前皮シューズです。

つま先の部分が皮タイプのこのシューズは足先が滑りにくいので、1番、5番などのポジションに入りやすく、つま先を伸ばすというバレエで重要な訓練を、皮の重みと柔軟性を利用して鍛える事が出来ます。

小学校高学年になり、トウシューズレッスンもしっかり出来るようになってきたらスプリットソールのバレエシューズ(写真2)でも良いですね。

写真2・スプリットソールバレエシューズ

では、スプリットソールとは・・・・

足裏の底の皮部分が土踏まずのところでセパレートになっているバレエシューズのことを言います。

足裏の皮が全部あるバレエシューズより、土踏まずが楽なので、ルルベ(立つ事)やタンデュ(つま先を伸ばす事)などが出来易くなります。

つま先を伸ばした時など、『足がつった!痛い!』という事が軽減されるので大人の方にオススメです。

しかし、足の形は幅広や細みなど一人一人違いますから担当教師と相談の上、自分の足に合ったものを使いましょう。

レッスン時間内で履いてる時間が一番長いバレエシューズの善し悪し(合う合わない)は、トウシューズの上達のためにも重要になってきます。

また、お声かけはしていますが、小さいサイズをいつまでも履いてしまうと指が曲がり、足先がきれいに伸縮できません。

「すぐ大きくなるから・・・」と大きめのシューズも足先に過度の負担がかかります。

バレエはやはり足に合ったシューズが命。

くれぐれも慎重なシューズ選びをお勧めいたします。

もちろん、私達教師にいつでも相談してくださいね・・・

*****************************

次に向けて…薫です

2011年11月11日 金曜日

堺バレエフェスティバル、皆様のおかげで、無事に終了いたしました。

たくさんの応援、どうもありがとうございました(*^_^*)

私は、舞台袖で、出番前の生徒たちの側につき、トウシューズのひもが出ていないか、衣装がきちんと着れているか、メイクが落ちていないかなどのチェックをし、一人ずつ舞台へ送り出していました。

舞台へ出ると、みんな生き生きとした表情で踊る姿は、もう一人前のバレリーナ☆彡

初舞台の生徒さんたちは、少し緊張ぎみ…
でも、しっかり頑張って踊っている姿は、可愛らしかったです(#^.^#)

本番での成果は、自分が一番よくわかっていると思います。

本番一週間前になって、慌てて目の色を変えて練習しても、なかなか体はすぐに覚えてくれません…

・毎回の練習で、できなかった箇所は徹底的にできるまで、練習して帰る!

・レッスンノートをつけ、注意されたところを書き、次の練習前に読み、頭に入れて練習する!…など   
    

いろいろ自分なりに考えて、また次の舞台に向けて、意識を高くもって、日々の基礎レッスンを頑張ってくださいね(^^)/

出演者の保護者の方から、素敵なお花をいただきました(*^_^*)

明奈先生とは違ったアレンジのお花


それぞれの教師のイメージにあわせたお花だそうです。

いつもありがとうございます!




*****************************


SBF(堺バレエフェスティバル)終わりました♡実加です

2011年11月8日 火曜日

早くも11月に突入しましたね。

今年もあと2ヶ月で終わってしまうなんて、、、

早すぎます(>_<)‼

11月6日、終日雨の予報にもかかわらず、雨に当たることも無く、無事に⁉堺バレエフェスティバルが終わりました(*^_^*)

当日も沢山の問い合わせがあったそうで、客席もほぼ満席状態でした。

堺バレエ協会加盟8団体のバレエスクールから大勢が出演していたので、とても見応えがあり楽しかったです。

準備に大忙し!!

当スクールからは作品の部、vaの部を合わせて80名以上の生徒さんが出演。

楽屋がわりの大きな研修室がいっぱいになりましたが、とても賑やかで、普段あまり接することの少ない生徒さんや保護者の皆さんともお目にかかれて新鮮でした。

朝早くから先生方や出演者の親御さんや監督さん、スタッフの皆様方には本当にお世話になりありがとうございました。

最後まで忙しく動いていましたが、楽しかった一日でした。

いよいよ本番です!…薫です

2011年11月5日 土曜日

カレンダーの枚数も残りわずか…アッという間に2011年も11月まで来てしまいましたね。

毎年毎年、一年が早く感じるのは私だけでしょうか?(笑)

いよいよ11月6日の堺バレエフェスティバルが近づいてきました!

本番一週間前に、学園長の総見が泉北校にて行われました。

学園長が教室に入ってこられると、空気がガラッと変わり、ピーンとした緊張感が張りつめた様子…出演者たちとともに、普段、生徒たちの指導を行っている私たちも、ドキドキする瞬間です。

練習の成果をきちんと発揮できている子もいれば、緊張のあまり、いつもできているところをミスしたり、焦って音より速く踊ってしまう子もいましたが、学園長は一人一人に細かいところまで指導してくださいました。

舞台前に学園長はいつもこうおっしゃいます。

「舞台には魔物が住んでいるから、何が起きるか分からないのよ!」と…
「だから、練習の時も本番のときと同じような緊張感をもって練習しなさい!」と。

テクニック的なところで、うまくいかない箇所は、何回繰り返しても全部成功できるまで練習して、(オーバーかもしれませんが、100回して100回とも成功するまで)自分のものにしてくださいね(^^)/

あと、踊りは上手なのに、ルべランス(お辞儀)を注意された子も・・・

ルべランスして、舞台袖へ入るところまでが演技ですので、恥ずかしがらず、拍手してくださるお客様に感謝の気持ちを込めて、ルべランスしましょうね♪

あともう少し! 本番まで、ケガのないよう、コンディションを整え、日常生活を送って下さいね(^^)/

(バレエ教室以外で、例えば学校や自転車に乗ってるときとか…にケガする子が多いので(笑))

一生懸命頑張って練習した生徒たちに、たくさんの応援をよろしくお願い致します(#^.^#)

*****************************

11/6(日)堺バレエフェスティバルに向けて…理江香です

2011年11月4日 金曜日

おはようございます!


堺バレエフェスティバルに出演の皆様、もうすぐ本番ですね!!


薫先生のブログでもお伝えしていましたが、せっかく積み重ねてきた練習が無駄にならないよう、ケガなどにはくれぐれも気をつけて、万全の状態で本番を終えられるようにしてくださいねo(^-^)


作品の部では、金剛校の生徒たちが、小品集で出演します。

先日、この小品集を学園長に最終チェックしていただきました。

何とか合格点をいただき、担当教師としてホッとしました(^_^;)


みんな、練習頑張ったもんね!!


最後の宿題は『笑顔で踊る』ことと、『感謝の気持ちを込めてルベランスする』ことです!


これはVa出演者も同じです。

舞台に出演できるのは、ご両親をはじめ、周りの方々のご協力のおかげです。


本番も、たくさんの裏方さんやスタッフの方々のおかげで進行していく事ができます。


まず会場入りしたら、感謝の気持ちを込めて、大きな声で『おはようございます!』『よろしくお願いします!』と、ご挨拶しましょうね(^-^)


では本番の、皆さんの素敵な踊りを楽しみにしています!

緊張感を持って、楽しんで踊りましょうね♪




*****************************

バレエ用タイツについて…亜委です

2011年11月2日 水曜日

今回はバレエ用のタイツの種類について少し解説を・・・


現在、当スクールでは練習用タイツと発表会などの本番用タイツは、フータータイツかコンバーチブルタイツの2種類。

コンバーチブルタイツ

密かに「フーター?コンバーチブル?何それ?」と感じておられる方も多いと思いますし、質問を受けることも。

>>>

足裏に穴があいているタイプがコンバーチブルタイツ、穴があいていないパンスト状をフータータイツと言います。


コンバーチブルタイツの足裏です。写真左





コンバーチブルタイツから足指を出します。写真下



なぜ穴あきタイツにするかと言いますと…。

トゥシューズを履き始めると、足指に絆創膏やテーピングなどを貼る事が多くなります。


その為に私達はタイツの足裏をハサミで穴を開けて、その穴から足指を出してテーピングなどを貼っていました。

足先を出したところ

その際、穴を大きく開け過ぎてしまったり、穴からパンストのように電線してしまったり、となかなか上手くいきませんでした。



しかし、バレリーナ達の意見が届いたのでしょう、各バレエショップから穴あきタイプのコンバーチブルタイツが発売されるようになり、タイツにハサミを入れるという行為がなくなりました。


新しいタイツに穴を開けるという事は、気分的にもあまり好ましくなかったのでとても助かります。

ベーシッククラスやインターミディエットのバレエシューズさん達は、進級してピンクレオタードから黒レオタードになるのと同じくらい、このコンバーチブルタイツが嬉しい様子です。


上級生バレリーナに一歩近づいた気持ちが嬉しくなりますね。

またバレエ用品で質問などありましたら、遠慮なく担当教師にご相談下さいね。


*****************************

素敵なお衣装♡ 実加です♡

2011年10月31日 月曜日

11/6の堺バレエフェスティバルで踊る「エスメラルダ」のお衣装が到着しました。

じゃんっっっ‼












めっちゃ可愛い♡♡♡



去年、堺バレエフェスティバルでお借りした「エスメラルダ」のお衣装もブルーグリーンのレースで素敵でしたが、今回は落ち着いた赤のグラデーションで、とっても素敵なお衣装をお借りしました。

私だけでなく出演者みんなのお衣装も、とってもかわいいんです。

キラキラのストーンが沢山ついているのや、お花の刺繍がされているのなど、本当にかわいいお衣装ばかりなので、本番(11月6日)応援に来て下さる方はそこにも注目して下さいね♡

日曜日はお衣装も着けて練習しているんですが、やっぱりレオタードで練習するのとお衣装を着けて練習するのは全然違います。

ピルエット(回転)をする時にお衣装のチュチュ(スカート)に振られたり、ジャンプの時にスカートの長いロマンチックチュチュやジョーゼットに足が絡まったりと、レオタードでのびのび練習するよりも少し動きにくくなります。

中にはスカートを持って踊るvaもあるので出来るだけお衣装を着て練習し、本番に向けて慣れさせていきたいと思います。

あともぅ少しで本番、、、怪我のないようにしっかり気を引き締めて頑張ります。



*****************************

ドイツ公演から帰ってまいりましたo(^-^)o…理江香です

2011年10月29日 土曜日

おはようございます。

急に寒くなりましたね!!

風邪などひかれないよう、皆様、気をつけてくださいね(^-^)

さて、最近、私事ばかりですが、先日からのブログで紹介させていただいていた、ドイツ公演から、24日に帰ってまいりました。

留守のあいだ、代行レッスンをしていただいたり、いろいろとご迷惑おかけした本田バレエ教師の皆様、この場をお借りしまして、本当にありがとうございました。


かんじんの舞台本番ですが、たくさんのお客様にご来場いただき、無事に踊り終え、会場いっぱいの拍手と『ブラボー!』が飛び交うなか、幕を下ろしました。


現地でも好評だったと、帰国後にうかがいました。


共演させていただいた、桧垣バレエ団の、小西裕紀子先生をはじめ、団員の皆様にもとてもよくしていただき、貴重な体験をたくさんさせていただきました。


これも学園長のおかげと、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


この貴重な体験で学んだ事を、生徒の皆さんにいろんな形で伝えていき、還元していく事が私の使命でもあると思いますので、これからもよろしくお願いいたします(^-^)


舞台のためのツアーでしたので、観光にも行ってませんし、本番当日もすごくバタバタしていましたので、あまり写真が撮れませんでした・・・

本番の舞台写真は、現地のカメラマンに撮っていただいているので、また出来次第、ブログで紹介させていただきますね。


今回は、風景だけですみませんm(_ _)m


*****************************




滞在していた『ハレ』という街の駅前


ハレ オペラ劇場 


月別アーカイブ

  • ブログ