ブログ

  • HOME
  • スクールカリキュラム・お月謝
  • 各教場のご案内
  • バレエスクールQ&A

HOMEブログ

お花見レッスン・・・亜委です

2012年4月17日 火曜日
肝心の桜は何も映ってないですね。

まだ少し寒い時がありますが、皆様の体調はいかがでしょうか?

お休みの電話連絡が少し減ってきました。が、まだインフルエンザにかかる方もいますから、気をつけて手洗い・うがいを忘れず元気にレッスンを頑張りましょうね!!

今ではすっかり花びらが散ってしまいましたが、春になると泉北校の周辺はあちらこちらで桜が満開になります。

毎年教室の窓を開けると見事に満開なので、窓を開けて少しの時間だけ(普段は防音のために閉めています)音楽無しでお花見レッスンをしました。

生徒たちの目にはこの桜が見えています。
綺麗でした。

いつも「目からきれいな物を見て、耳からきれいな音楽を聞きなさい、そうすればきれいな踊りが出来るようになるのよ」と教えています。

私自身、大先生から学んだことです。
大先生はお花が大好きです。特に生花が良いと。花のようにしっかり綺麗に踊りなさい、そして喜んでもらえる踊りをしなさいと・・・。

本の束の間でもお花見レッスンができることは嬉しいことですね。

ただ残念ながらこの撮影以降天気が悪く、雨でかなり散ってしまいました。

今年のお花見レッスンはこの日が最後になってしまい残念です。

少しの間しか咲かないから良いのかもしれないですね。

*************************

お知らせを二つ・・

4月28日・29日と日本バレエ協会関西支部主催 関西ジュニア・シニアバレエフェスティバルが新大阪メルパルクホールにて開催されます。

本田道子バレエスクールからは理江香先生がグランパドドゥで29日の夜の部(18時開演)出演の他9名の生徒が出演。
入場料は無料なので応援のほど、よろしくお願いいたします。

もうひとつ、アドバンスクラス所属バレエ団員の富上眞衣さんが昨年8月に京都バレエコンクールにおいてルーマニア国立バレエ学校短期留学の切符を手にしました。

3月25日に日本を出発し、4月5日に無事帰国、そして嬉しいことに9月からルーマニア国立バレエ団への入団も決まりました。

皆様、応援してあげてくださいね。

私が帰国した彼女を見た感想は・・・

短期留学出発前に大先生の指導を受ける眞衣さんです。 

自分自身を見直す時間を持てたようで、精神的に成長が見られました。

そのため、今大好きなバレエが出来るという環境に改めて感謝を深めたようです。

私も皆さんもいつまでも感謝の気持ち(ありがとうございます)を忘れないようにしましょうね。

*****************************

「顔写真撮影&振付リハーサル」…薫です

2012年4月10日 火曜日

桜の花が満開に咲き、とても綺麗ですね!
新年度が始まり、新しい出会いや新しいことにチャレンジしたりと、何だか心もウキウキする季節ですね(#^.^#)
 
4月1日、特別生徒公演本番に向けて、プログラム掲載用の顔写真撮影と振付リハーサルが行われました。

私達教師とバレエ団員は早めにホール入りし、撮影会がスムーズに行われるよう念入りに導線などチェックして準備をしました。
 
カメラも二台態勢で所属エリアごとに分かれての撮影がスタート。

 
順番を待つ間に髪や服装をチェックし必要に応じて手直しを受け、私が担当していた受付へ来る時には皆さん立派なバレリーナ☆彡
前髪を上げ、きちっとしたシニオン(おだんご)スタイルは、とても凛としていて、気持ちも引き締まる感じです!
 
初舞台の生徒さんは初めての撮影で少し緊張気味でしたが、かえってとても可愛らしかったですね~
毎年撮影をしている生徒たちも、前回より成長した面持ちで良い表情でしたよ☆
 
**************


撮影終了後、子供たちの作品『ソワレマチネミュージカル』の振付とリハーサル開始。
 
堺エリアと泉州エリアの合同作品のため、大人数で混乱するのではないかと、すこしドキドキしていましたが、さすが本田バレエっ子!? とてもお利口さんで、しっかり私たちの話を聞き、一生懸命踊っていました(*^_^*)
 
次回から各エリアに分かれての練習になるので、また合同で練習できるのは、本番前のライトリハーサルです。

それぞれの教室でレッスン頑張りましょうね!


*****************************

4月、6月の舞台…理江香です☆

2012年4月2日 月曜日

おはようございます。
やっと春らしくなってきましたね♪

3/29、客演した桧垣バレエ団『椿姫』の舞台が無事終わりました。

とても遠い会場まで観に来てくださった皆様、本当にありがとうございました。
学園長も観に来てくださり、心強く、安心して楽しく踊ることができました!

写真は一緒に出演した男性ダンサーの皆さんと終演後に撮りました。(団員の方々は忙しくされてたので…ゲストダンサーのみです)


今回パートナーを組んだ梶田眞嗣くんは、私の左肩上に写ってる方で、若いのにとてもしっかりしたステキなダンサーでした(^-^)

********
4月は関西バレエフェスティバル(メルパルクホール大阪・入場無料)です。

4/29(日)午後6時開演の部の最後に踊らせていただきます。
演目は『チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ』でパートナーは河島真之さん。
彼はロシアやアメリカでも活躍しているとってもステキなダンサーです。

ぜひ応援に来ていただけると嬉しいです(*^o^*)

********

そして6月17日は、なんといっても一番大切な当スクール主催の特別生徒公演本番!

いよいよ舞台のお稽古が厳しさを増しますが、美しく踊るためには何よりも基礎レッスンが大切!
普段のクラスレッスンからもう一度自分の欠点に目をむけ、新たな気持ちで取り組みましょう♪


みんなで感動を共有できる舞台を目指して、一緒に頑張っていきましょうね♪

*****************************


振り付け始まりました♡実加です

2012年3月22日 木曜日

おはようございます。

三月の下旬だというのにまだまだ寒い日が続きますね(>_<)
今度はインフルエンザB型が流行ってますので皆様、体調管理には気をつけましょうね。

先日から6月17日の生徒公演に向けての練習が始まりました。
合同なので昨年より出演者の数が増えて作品の数も多くなっているので、泉北本校と泉佐野本部校に分かれての練習です。

本部校では「ジプシーカドリーユ」と言う作品の振り付けをお手伝いしました。

6分ほどの踊りですが、難しい動きがたくさん。
私も小学生の頃に発表会で踊りましたが、なかなか出来ずに学園長にずっと叱られていた記憶が・・・(^_^;)

踊ったのは十数年前ですが(笑)、久しぶりにこの曲を聞くと自然と身体が動いてしまいます。難しい踊りほど体が覚えていることを再確認。振り移しも楽しくできました。

「ジプシーカドリーユ」のメンバーはヴァリエーションやコンクールにも出演しているメンバー18人。

初日からポワントを履いての練習だったので、マメがつぶれたりした生徒もちらほら・・・バレリーナの証?ですね♡・でもケガをしないことが大切。お互い注意しましょう!

泉佐野本部校校での振付け

私は今度の生徒公演では「エスメラルダ」のグラン・パ・ド・ドゥを踊らせていただける事に(>_<)

昨年、りえこ先生が踊っているのを見て感動し、いつか踊ってみたい‼ 
と思っていましたので、私も皆様に感動していただける踊りを目指したいと思います。

皆様、本番に向けて一緒に頑張りましょうね。



*****************************

大阪プリ・バレエコンクール決選・・・亜委です

2012年3月16日 金曜日

3月11日 Osaka prix 第13回クラシックバレエ・コンクールの決選が大阪国際会議場にて行われました。

舞台上に設置されている看板

本田道子バレエスクールからはジュニア2部に高田美羽さん、シニアの部は木岡多真美さん、富上眞衣さんの3名が予選を突破して決選に挑みました。

高田さんはジュニア2部なので早朝から泉北本校で用意し、学園長に踊りの最終チェックと理江香先生にサポートしてもらってホール入り。

私達もたくさんのコンクールに参加しましたが、開演してすぐの出場順は精神的にも肉体的にも大変です。自分を上手くコントロールしないといつも通りの踊りが出来ないですね。

私も若い頃はコンクールに明け暮れた時期がありました。
最初は単純に表彰状が欲しいから!でした。でも予選に落ちれば通過するまで、通過すれば入賞するまで、と挑戦するうちに絶対上手になってやる!!!と言う気持ちが湧き出てきます。その気持ちがとても大切。
コンクールに出るためにハードなレッスンを重ねるので確実にスキルアップし、舞台慣れもして少し余裕ができると、段々コンクールを楽しめるようにもなります。

特に入賞を経験するとそれが快感になり、また次のコンクールを目指す動機となります。

ただコンクールに熱心にとり組むこと自体はすばらしいことですが、どうしても目的化してしまいがち。本来は大きな作品で群舞に取り組んだり、ソロでそのキャラクターをいかに表現するかなど、優れたバレリーナになるたに取り組むべきことはたくさんあります。

クラシックバレエは頂上のない山に例えられます。それほど奥が深く到達点が見えないバレエの道でのコンクールへの挑戦は、現時点での自らの到達レベルを客観的に知るための通過点・・・出場するからには一位を目指す意気込みは不可欠ですが、それが空回りしては本末転倒。
普段のレッスンでは経験できないプレッシャーに打ち勝ち、自身をコントロールして結果を残すためのよいトレーニングとして楽しむくらいの気持ちがベターなのですが・・・淡々と頑張りましょうね。

優れたバレリーナになるためには、何よりも色々な舞台経験を重ねることが大切。周りの状況を的確に判断して行動できるバレリーナになって欲しいですね。

話を戻しましょう・・・

予選は出場人数が多い分、緊張感も高くコンクールならではの空気が漂います。

しかし決選では人数が少ないのにもかかわらず、より一層緊張感が増しピリピリした空気に包まれます。

シニアの部 場当たりの様子

楽屋は舞台裏に設けられていて、全員が大広間の一部屋に集まります。

周りの人が皆とても上手で凄い人たちに思える雰囲気です。

当然、予選を通過した人たちばかりなので、皆さんとても綺麗です。私達も何度経験しても緊張しますが、心地よい空気です。

踊り終えたファイナリストたちは客席で表彰式を待ちます。

一番ハラハラドキドキする場面です。

私も理江香先生も落ち着かず、祈るばかり・・

結果は・・・木岡多真美さん シニアの部・第2位 入賞!! おめでとう!!

当日は体調不良で思うように踊れなかったようですが、体調管理・プレッシャーの克服も実力のうち。言い訳にはなりませんが、よく頑張ったと思います。

学園長はじめ、教師陣の疲れが癒されました。お疲れ様でした・・・

皆さん、これからも前に向かって進みましょうね。

シニアの部 第2位 木岡多真美
*****************************

「特別生徒公演に向けて…」薫です

2012年3月9日 金曜日

三月に入り、少し春を感じられる季節になりましたね!

ついこの間、お正月だったに、節分・桃の節句も過ぎ、あっという間に子供たちの春休みが近づいてきていますね(*^_^*)

あぁ~年々月日が経つのが早く感じるような気がします(笑)

今、大阪プリコンクール(3月10・11日)&関西ジュニア・シニアフェスティバル(4月28・29日)に参加の生徒たちは、休み無く一生懸命練習に励んでいます。

特にコンクールに出場する生徒達は、平日夜遅くまで学園長に指導して頂いているおかげで、とても成長してきているように感じました。

練習の成果を存分に発揮して、皆様に良い結果を報告できるように頑張ってもらいたいですね(#^.^#)


前置きが長くなりましたが、6月17日(日)岸和田市の浪切ホールで行われる「特別生徒公演」の振付が間もなく始まります!

出演する皆さん、身体の準備はいかがですか?

ストレッチ中!


季節的に暖かくなってきていますが、レッスン前のストレッチはとても大切です。基礎レッスン(特にバーレッスン)でコンディションを整えて、振り付けに取り組みましょうね(^^)/

私達教師陣もスタッフミーティングで、毎週のように作品や構成・メンバーの選出や選曲・衣裳など色々なことを話し合い、特別生徒公演が無事成功するよう一生懸命準備に励んでいます。

4月1日にはプログラム掲載用の顔写真撮影会がありますので、初舞台の方は分からないこと(些細なことでも)があれば、いつでも私たちに相談してくださいね♪


*****************************

3/29(木)公演、『椿姫』について……理江香です♪

2012年3月2日 金曜日

おはようございます。

今年は寒さが厳しかったですが、日中は少し春の気配を感じられるようになりましたね。
寒いのが本当に苦手なので、春・夏が待ち遠しいです!

さて、前回ご紹介した舞台、桧垣バレエ団公演 『椿姫』 のリハーサルが本格的に始まりました。

昨年のドイツ公演でお世話になった先生方をはじめ、団員の皆様に久しぶりに会えて嬉しかったです♪

私は“社交界の人”の役での客演となり、先日の初リハーサルでは、男性ダンサーも全員集まり一気に仕上げました。

3月の本番までしっかり踊りこんで、心と動きが重なるまで練習して極めたいと思います。

*****************

桧垣バレエ団公演「椿姫」(全2幕)

わたしはどこでしょう?

2012年3月29日(木)
19:00開演

文化パルク城陽プラムホール

*****************

チケットがまだ少し残っていますので、ご覧くださる方がいらっしゃいましたら、お声をかけてくださいませ(^-^)

最後に、『椿姫』の最後の方で、マルグリット(椿姫)が病の床に伏し、その苦しみを表現する踊りで、不気味な感じでこんな仮面をつけて踊ります。

ジェイソンみたいでしょう?(笑)

さてさて、私はどこでしょう(笑)

では、まだまだ寒い日もありますので、皆様、体調に気をつけてくださいね!!

*****************************

コンクール♡実加です

2012年2月21日 火曜日

おはようございます。
気が付けば今年もすでに二月下旬。

今年に入って既にいろいろな舞台に出演させていただきました・・・

*************

1月29日・中之島の大阪国際会議場(グランキューブ大阪)にて

バレエ芸術劇場 〜眠れ森の美女〜

王子役のダンサーが本番直前に急遽変更になるハプニングもありましたが、出演者一同、力を合わせて頑張りました。

沢山の方々が観に来て下さって本当に嬉しかったです。
ありがとうございました♡

DVDを観るのが楽しみです☆

*************

2月4日・岸和田の浪切ホールにて〜バレエセッションin浪切。

今年の6月に当スクールの生徒公演が行われる会場です。

私は「ドン・キホーテ3幕よりキトリのヴァリエーション」での出演でしたが、、、不覚にも足を怪我してしまったため少し簡単な振り付けに変えての本番となりました。

何とか無事に最後まで踊れましたが、次に控えている舞台は大阪prix(コンクール)!

このままではダメだと思い、振り付けも元に戻して猛練習中です。

これ以上、怪我が悪化しない様に注意しながら頑張りたいと思います‼

>>>どうしても足の具合が悪く、本番直前に断腸の思いで欠場することにしました。学園長をはじめ、多くの方にご迷惑とご心配をかける事になり、自分の至らなさに恥じ入るばかりです。次の機会にはスキルアップはもちろん、気持ちの面でも強くなって入賞を目指したいと思います。

*****************************

バレエセッション イン 浪切・・亜委です

2012年2月14日 火曜日

2月4日に岸和田市立浪切ホールにおいてバリエーションの競演『バレエセッション イン浪切』が開催されました。

本田道子バレエスクールからは24人出演しました。

11月の堺バレエフェスティバルが終わるとすぐにこのバリエーションのレッスンが始まります。出演者は日曜日も頑張ってレッスンしてきました。

上手く踊れた人も、少し失敗してしまった人も皆、最初の一言は『楽しかった!!』でした。
本当にバレエが大好きな気持ちが出ていて嬉しく、安心しました。

また、私は毎年この時期には、堺エリア発表会の振付けがあったので、この浪切の舞台のサポートは今回が初めて・・・6月開催の生徒公演はこのホールでの開催なので、下見をかねてあちこち見回ることが出来たので良かったです。

この写真は練習室で撮影しました。足慣らし中です。本当はもう少し広いのですが、半分が楽屋として使用されていました。

こちらはグループごとに分かれての場当たりの様子を舞台の奥から見た客席です。
とても綺麗な客席ですね。

最後の写真は、楽屋での支度中にもかかわらず、私“あき先生”の一声『写真撮りますよ!』に慌てて並びんでハイ・チーズ!!

コンクールの殺気立った雰囲気と違い、皆和やかな空気の中でとても綺麗ないいお顔です。ありがとう!!

出演時間がバラバラなので全員と一緒に撮影という訳にもいかず、今回は写真に入れなかった皆さんには申し訳なかったですね。次の機会にまた・・

さあ、次の舞台は大阪プリ・バレエコンクールです!!
ローザンヌ国際バレエコンクールで日本人が優勝!と言う嬉しいニュースがテレビでたくさん流れてますね。同じバレエ関係者として嬉しいことですが、当スクールからも早く世界的バレリーナが育ってくれる事を願いつつ、これからも一層しっかりと指導していきたいと思います。

*****************************

「バレエ鑑賞」…薫です

2012年2月7日 火曜日

皆様、お久しぶりでございます!

今年も既に2月に入ってしまいました・・・

インフルエンザが急激に流行し始めましたね(>_<)

子供たちの学校も、学級閉鎖が増えてきているので、毎日マスク着用で登校させています。

少しでも体調がすぐれないときは、あまり無理せず、栄養と睡眠を十分にとって、この季節を突破してくださいね(*^_^*)

さて先日、(公社)日本バレエ協会関西支部主催の第39回バレエ芸術劇場の舞台を鑑賞してきました。

今回のプログラム

演目は「眠れる森の美女」☆

スクールからは柳生・鳴橋・堀川・木岡の4名が出演していました。

4人ともそれぞれ役になりきり、一生懸命頑張って踊っていましたよ♪

主役の男性が急病のため、急きょ代役に代わるなどのアクシデントもありましたが、出演者の方たちは一致団結して、無事に幕を下ろすことができたようでした。

「眠れる森の美女」は私にとってはとても思い出に残る作品の一つでもあります。

リラの精を踊る私

第26回芸術劇場の時に私は「リラの精」の役をいただきました(その時のオーロラ姫は、りえこ先生☆彡)

その当時は、ロシアから振付の先生が来日され、毎日毎日細かい部分まで(歩く足の運び方から、手の動き一つ一つなど)身につくまで何度も何度も練習した記憶があります。

その頃は、あぁ~しんどいなぁあ~と思った時もありましたが、今となってはとても良い経験をさせていただいたと感謝しています(#^.^#)

眠りの曲を聴くと、今でも当時一生懸命練習していた頃のことが鮮明に思い出されます☆

舞台に向けての練習の中で、気分がならない日もあると思います。

でも、練習すればするほど、きっと自分の身につき、自信につながると思いますので、皆さんも悔いの残らないよう、しっかり頑張って練習に励んで下さいね(^^)/

*****************************

月別アーカイブ

  • ブログ