ブログ

  • HOME
  • スクールカリキュラム・お月謝
  • 各教場のご案内
  • バレエスクールQ&A

HOMEブログ未分類

今週のピカピカバレリーナvol.6

2012年11月12日 月曜日

泉北校ベーシッククラス
松井紫花(まついすみれ)さん
 7歳 血液型A型  

プチインタビュー

Q1>>バレエを始めたきっかけは? 
A.見学に来たとき、みんなとても楽しそうにお稽古されているのを見て入学しました。

Q2>>好きなバレエ作品や踊りは? 
A.”くるみ割り人形”

Q3>>好きな有名人(キャラクター)は? 
A.サンリオのキャラクター”キキとララ”

*******************

担当教師からひと言・・・


週二回に増やしたレッスンを、お休みせずによく頑張っています。

幼稚園の頃と比べると、とてもしっかりしたお姉さんになりましたね(^^)/
その成長ぶりが嬉しいです☆
亜委先生より

 

次回のピカピカバレリーナは……
   本部校の二山白羽(ふたつやましらは)さんです! お楽しみに(^^)/ 

*****************************

「本番に向けて…」…薫です

2012年11月8日 木曜日

いよいよ11月11日の第18回・堺バレエフェスティバルが近づいてきました!

本番一週間前に、学園長の総見が泉北校にて行われました。
保護者の方の見学もあって、子供たちもとても緊張している様子…
もちろん普段指導している私たちも、毎回緊張する瞬間です。
練習の成果をきちんと発揮できている子もいれば、緊張のあまり、いつもできているところをミスしたり、焦って音より速く踊ってしまう子もいましたが、学園長は一人一人に細かいところまで指導して下さいました。
舞台に出てきて、踊り、ルべランス(お辞儀)をして舞台袖へ入るところまでが演技です。

特に、歩いて舞台に出てきてポーズしてから踊りが始まる(舞台用語で板付/イタツキと言います)作品は、歩き方もとても大切です。

もちろん、走り方もそうですね!その役になりきって出てくることが大事です。

表現力アップレッスンでも教わった”笑顔”や”踊ることの楽しさ”を忘れず、全力で舞台に挑んで下さいね(^^)/
そして、感謝の気持ちも忘れずに(*^_^*)
オリジナルジャージも完成しました!とても着心地が良いです(^^)/
本番に向けて気分も盛り上げていきましょう!!

*****************************

今週のピカピカバレリーナvol.5

2012年11月4日 日曜日

河内長野校ベーシッククラス
木口聖苗(きぐちせな)さん
 6歳 血液型B型  

プチインタビュー

Q1>>バレエを始めたきっかけは? 
A.小さい頃、バレエに憧れをいだいていたお母さんの勧めで習いました。

Q2>>好きなバレエ作品や踊りは? 
A.”白鳥の湖”の黒鳥です。特に32回転のフェッテ!理江香先生のようにクルクル回ってみたいです☆

Q3>>好きな有名人(キャラクター)は? 
A.嵐の櫻井翔くん

*******************

担当教師からひと言・・・
妹の瑠衣(るい)ちゃんと一緒に楽しくレッスンしている聖苗ちゃん。

ベーシッククラスの一番先輩として、キリっとした表情で先頭で頑張ってレッスンしています!
練習中のピルエットも上手に回れるようになってきました♪
進級に向けてますます頑張っていきましょうね(*^_^*)
                                     
明奈先生より

 

次回のピカピカバレリーナは……
   泉北校の松井紫花(まついすみれ)さんです! お楽しみに(^^)/ 

*****************************

ゲスト出演舞台の終了、そして堺バレエフェスティバルに向けて……理江香です☆

2012年11月2日 金曜日

おはようございます!

前回、私のブログで紹介させていただきました、ゲスト出演の舞台、無事終了いたしました。

天満天神バレエ・ダンスフェスティバルの『眠れる森の美女』、桧垣バレエ団の『MITSUKO』、観に来てくださいました皆様、本当にありがとうございました。

写真は『MITSUKO』の舞台終演後に、主役『みつこ』を踊られた、桧垣バレエ団のプリマ小西裕紀子先生と、昨年のドイツ公演と同じくパートナーを組んでいただいた中井嵩人くんと記念撮影・・・

右が私

写真がちょっと暗くてすみませんm(_ _)m

どの舞台も、緊張感もありつつ楽しく踊らせていただきました。

舞台の際、私の代わりにクラスを代行していただいた先生方、本当にありがとうございました。

******************

そして11/11(日)には、堺バレエフェスティバルがあります。

当スクールからはヴァリエーション(Va)の部と、作品の部(金剛校の皆さん)に小品集で出演。

出演者する生徒の皆さんは、一生懸命お稽古に励んでいます。

1人でも多くの方に観に来ていただき、あたたかい拍手で応援していただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。


出演者の皆様、ラストスパートです。

ケガしたり風邪をひいたりしないよう、本番までの毎日を、緊張感を持ってすごしてください。

皆さんが持ってる力を出し切れるよう、私も全力でサポートさせていただきます\(^ー^)

一緒に頑張りましょうね♪

*****************************

今週のピカピカバレリーナvol.4

2012年10月28日 日曜日



金剛校
岡本莉欧(おかもとりお)さん
7歳 血液型A型  

妹さんと共に(右が莉欧さん)


プチインタビュー

Q1>>バレエを始めたきっかけは? 
A.見学に行き、私も踊ってみたいと思い始めました。

Q2>>好きなバレエ作品や踊りは? 
A.かっこうワルツ(11/11の堺バレエフェスティバルで踊ります!)


Q3>>好きな有名人(キャラクター)は? 
A.芦田愛菜ちゃん

*******************

担当教師からひと言・・・
少し恥ずかしがり屋さんですが、お稽古は笑顔で一生懸命がんばる、

妹の茉欧(まお)ちゃんの面倒見もいい、優しい莉欧ちゃんです。

理江香先生より

 

次回のピカピカバレリーナは……
   河内長野校の木口聖苗(きぐちせな)さんです! お楽しみに(^^)/ 

*****************************

事務局からあれこれ・オリジナルジャージの製作秘話!?

2012年10月26日 金曜日

最近コンクールなどでよく目にするお揃いのジャージ姿のバレリーナ達。

数年前に某有名バレエ用品メーカーの担当者からスクールジャージを企画しているので、ぜひ最初に当スクールにとのお声がけが・・・

実際にはジャージ上下がかなりの高額で、プリントを入れて生徒に勧めるには価格的にハードルが高いとの判断から、その当時は見送りました。

最近では当スクール内でもコンクールなど外部の舞台に出演機会の多いバレエ団員や上級クラスの生徒から、ジャージがあればホールへ着て行ってそのままメイクできて便利との要望も・・・

そこで、満を持してオリジナルジャージの製作を開始することに・・

最近では商材も豊富になりとても安いものまで。ただ安い部類の商品はよく見ると大体同じようなデザインや色目で、生地や縫製、耐久性にも不安が残ります。

他のスクールとかぶってしまう可能性が高いことも大きな欠点です。

当バレエ団・スクールオリジナルとしてふさわしいデザインや品質を考えると、一流メーカー製が総合的に見てコストパフォーマンスが高いことから有力候補に。
検討の結果、デザインやカラーがかわいい“ナイキ”製2012年秋冬sモデルのレディースジャージを使うことに・・・

これならジャージの価格が高く(プリントコストも想像以上に高いんですよ・・トホホ)、当スクールのように上代を抑えると価格的に利益は出せないため・・トホホホ
…他とかぶる心配はあまり無さそうです!

ジャケットの刺繍 

次にプリント方法。
今までのオリジナルTシャツなどでは耐久性を考慮してシルクプリント(版を作って単色を生地にのせる方法)を使ってきましたが、今回はフルカラーが使える転写プリントを採用。一長一短はありますが今ではどの方式でも耐久性を含め特に不具合は無いようです。

[転写プリントは熱に弱いので、乾燥機は厳禁!柔軟剤も生地とプリントの粘着を下げるためNG!!とのこと。注意してください]

プリント方法が決まると次はデザイン・・・フルカラーが使えるので今回はエンブレム的で格好いい感じをめざして試行錯誤。
かなりの時間を費やして、ようやく写真のデザインに落ち着きました。

パンツの刺繍(オプション)

また、初の試みとして全員のジャケットにネーム刺繍を入れることに。(パンツの刺繍はオプション)

刺繍は写真のような花文字を採用。

華やかな感じだけでなく、実用上、他人に一目で名前が読まれないようにも配慮しました。

今月末には納品予定ですので、申し込んだ皆さんは楽しみに待っていてくださいね。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

このジャージは身長150センチ以上を目安にしたサイズ展開となるため、中級クラス以上の生徒またはお母様向けとなりましたが、一応お知らせの意味もありあえて全生徒に注文用紙を配布しました。

今回はサイズ的に多くの生徒の皆さんにとって、あまり関係のない商品になりましたが、このオリジナルジャージは限定品ではなく、継続的に販売する(時期によりモデルチェンジで形は変わりますが)予定ですので、サイズが合うようになったらぜひ購入してくださいね。

実はジャージに続いて次のオリジナル商品も企画中です。もちろんまだ来年の話ですが、今度はキッズサイズまで用意する予定ですので、どうぞご期待ください。

*****************************

☆今週のピカピカバレリーナvol.3

2012年10月21日 日曜日


金剛校
妹さんと共に(左が玲奈さん)

田岡玲奈(たおかれな)さん

9歳 血液型A型  



プチインタビュー

Q1>>バレエを始めたきっかけは? 
A.とても体が柔らかく、バレエに向いているのではないかとお母さんが思ったみたいで、習い始めました。

Q2>>好きなバレエ作品や踊りは? 
A.白鳥の湖です。特に理江香先生の黒鳥が大好きです☆

Q3>>好きな有名人(キャラクター)は?
 A.ベッキー

*******************

担当教師からひと言・・・
本当に体が柔らかく、柔らかすぎて背中を伸ばして引き上げるのが苦手だった玲奈ちゃん。

でも、お稽古の成果が出てきて、ずいぶん体が『しゃっきり』してきました♪
妹の瑠那(るな)ちゃんと仲良くお稽古に通ってくれてます。           

理江香先生より

>次回のピカピカバレリーナは……
 金剛校の岡本莉欧(おかもとりお)さんです!お楽しみに(^^)/ 

*****************************

舞台鑑賞♡実加です。

2012年10月18日 木曜日

公演プログラム

10月14日の日曜日、りえこ先生のブログでもお知らせのあった舞台、第5回  天満天神バレエ&ダンスフェスティバル2012(中之島・中央公会堂)を観に行ってきました‼

その日は11月25日本番の”25周年記念行事2012バレエフェスティバルin堺”に向けてのリハーサルが朝からあり、りえこ先生が主演する夜の部だけを観ることに・・・

「バレエ&ダンスフェスティバル」なので題名のとおり、ベリーダンスや日本舞踊、HIPHOPなど色んなダンスが盛りだくさんで見所もたっぷり。

開演前の客席(本番中は撮影禁止なので)

りえこ先生はその日の締めくくりでもある「眠れる森の美女」のオーロラ姫で登場。 

りえこ先生が舞台上に上がると自然と拍手が、、、やはり立ってポーズしているだけでもオーラが凄くてすぐにりえこ先生に目が行ってしまいます。 

とても美しくて見入ってしまいました♡♡♡ 

中央公会堂の客席もとても素敵で「眠れる森の美女」の雰囲気にピッタリで、終演後思わず写真を撮ってしまいました。

<image.jpeg>

とても素敵な舞台を見せて頂きありがとうございました。
これからも沢山の舞台を観に行ってもっともっと勉強したいと思います‼

*****************************

http://www.honda-b.com

☆今週のピカピカバレリーナ Vol.2

2012年10月14日 日曜日

お姉さんと共に(左が乃々栞ちゃん)

泉北校ベーシッククラス

川西乃々栞(かわにしののか)ちゃん
4歳 血液型?  

プチインタビュー

Q1>>バレエを始めたきっかけは? 
A.小3のお姉ちゃん(梨未ちゃん)の影響を受け、本人も習いたいと言いました。

Q2>>好きなバレエ作品や踊りは? 
A.楽しく踊ろう(お姉ちゃんが初舞台で楽しく踊ろうを踊っているのを見て好きになったとのこと)

Q3>>好きな有名人(キャラクター)は? 
A.プリキュア

*******************

担当教師からひと言・・・
姉妹仲良く、お家でもバレエを踊っている乃々栞ちゃん。
バレエを始めてまだ数ヶ月ですが、身体も柔らかく、手や足のポジションもバッチリです!!
来年の発表会に向けてこれからも頑張りましょうね♪     実加先生より


*****************************

表現力アップ特別レッスン・・・亜委です

2012年10月11日 木曜日

やっと朝晩が過ごしやすくなってきましたね。季節の変わり目は体調を崩しやすいので、皆様気をつけてくださいね。

只今、11/11第18回堺バレエフェスティバルに向けて猛レッスン中です。

出演者たちは必死になって少しでも上手に、たくさん拍手してもらえるようにと頑張っています。

注意を聞きながら真剣な様子

いつも機会を見てはお客様に拍手をもらう舞台人として何が必要で、重要なことは何か?
色々と生徒達に話しています。

その中で特にむずかしく、逆に客席から見て簡単そうに思われがちなのが舞台上で笑顔を作って踊ること・・

そこで、まず少しでも表情豊かに踊る事が出来るようにと、堺バレエフェスティバル出演者を対象とした表現力アップ特別レッスンを企画。
泉北本校・泉佐野本部校の両校で各一日ずつおこなわれました。

講師は数年前まで東京ディズニーランドで8年間プロフェッショナルダンサーとしてトップで活躍していた筋金入りの表現力の持ち主!堀見悦子さん・・実は当スクールに3歳から18歳まで在籍していた卒業生なんですよ!!

まず悦子先生からディズニーランドでのダンサーとしての心構えや、お客様に対する気持ちなどの話から。
【見ている人が楽しくなるような表情で!遠くからでも印象に残る表情で踊りましょう!】

バレリーナもディズニーダンサーも舞台人ということに変わりはありません。お客様に見ていただき、喜んでいただいくことが何よりも大切だということ。生徒たちは皆真剣に聞き入っていました。

次に実際にディズニーランドのショーでおこなわれた振付けをベースに、具体的な表現の仕方について音楽に合わせて踊りながらのレクチャーに。

初めてのダンスに
少々戸惑いながらも楽しそう

生徒たちはバレエ以外ほとんど経験がないので最初は戸惑っていましたが、すぐに波にのって楽しそう・・私の内心では「普段もこれくらい楽しそうに踊ってほしいな!」と思う反面、トゥシューズでの踊りがいかに難しいかを実感します。

「意外にも普段おとなしい子の方が張り切って楽しそうに踊ってる!」という新発見も。

少し休憩のあと、悦子先生が実際のショーと同じ振付けのパフォーマンスを披露。
みんな『ディズニーランドに来たみたい、後ろにシンデレラ城が見えた、すごーい』とどんどんテンションがアップ。

悦子先生の踊りを見た後のみんなの踊りもキラキラ輝いていましたよ。

今回の講習を経てなぜ表現が大切なのかを理解するだけでも大きな成果です。また、普段とは違う角度でバレエを見つめることで、あらめてバレエの素晴らしさを感じたことでしょう。

大先生をはじめ、私たち教師が舞台リハーサル中に『怖い顔して踊らない!笑いなさい!』といつも口にする回数が激減することを期待しています(笑)

今思えば、私自身もなかなか笑顔が出来ず、何度も大先生から注意をうけていました。
踊ってる本人は笑って踊りたいのに、踊ることに集中しすぎて笑顔を作る余裕がもてなくなります。
余裕とは・・・自信がつくまで練習する、納得するまで練習する、とにかく練習あるのみ。練習を重ね適度な緊張をもって気持ちよく踊ることが余裕です・・でもこれが難しいですね。

私はワガノワバレエアカデミー(ロシア)留学中にバレエ以外にも他の踊りや演技の授業があったので必死に勉強しました。帰国後も指導しながら必死にレッスンを受けることでようやく少しは『余裕』が持てた気がしますが、先はまだ長いように思います。

長くなりましたが、バレエはそれだけ長く一生をかけて続けてるだけの価値のあるものだと思いますので、焦らず一緒に頑張りましょうね!

*****************************

月別アーカイブ

  • ブログ