一般的なバレエ教室にはあって、当スクールには無い「あれ」のお話し

今回の「あれ」とは、保護者による[後援会]のこと!

 

実は日本のほとんどのバレエ教室に存在し、【後援会の無いバレエ教室】は当スクールだけ?と言っても過言ではないほど、バレエ界のあるあるなんです。

 
もちろん後援会があること自体は問題なく、先生一人では手が回らないことを保護者が善意でお手伝いしてくださるのですから、本当はたいへんありがたいことなのです・・・が、

 
ではなぜ、当スクールには「後援会」が無いのかというと・・・「その必要がないから」

 
つまり、当スクールでは教師陣とスタッフがチームとして運営をしているため、保護者方の貴重なお時間と労力を、スクール運営のために割いていただく必要性がないという訳なんです。
 

それとバレエ教室の場合、小中学校のPTAと違って卒業がないため、数十年に渡りずっと同じ保護者方が後援会の役員を続けることも珍しくなく、新しい生徒の保護者にとっては余計な人間関係に悩まされることもあるようです。

 
また「入学早々に役員を押し付けられた」「教室をやめようとしたら役員から電話が掛かってきてしつこく説得された」というような話もよく伺うので、もしあなたがバレエ教室をお探しなら、指導力や運営方針以外にもこうした後援会のことも確認されることをおすすめします・・・

もちろん、後援会そのものが悪いということではなく、中には後援会で生き生きされる保護者もおられるので、要は後援会を知らないまま入ってビックリすることになってしまう「ミスマッチ」が問題というわけです。
 

しつこいようですが、当スクールには「後援会は無い」ので、どうかご安心をく^^;