ブログ

  • HOME
  • スクールカリキュラム・お月謝
  • 各教場のご案内
  • バレエスクールQ&A

HOMEブログ

今週のキラキラバレリーナvol.180

2018年7月20日 金曜日

泉佐野本部校アドヴァンスクラス

松永佳子(まつながかこ)さん

15歳  血液型A型

 

☆☆☆プチインタビュー☆☆☆

 

Q1>>バレエを始めたきっかけは?

A.母がバレエが好きで、習わせたのがきっかけです。

 

 

Q2>>バレエを始めて良かったことは?

A.バレエを通して色々な世界がわかったこと。

 

 

Q3>>バレエでの今後の課題/目標は?

A.表現豊かなダンサーになって、舞台に立ち続けたいです。

 

 

Q4>>好きな有名人(キャラクター)

A.菅田将暉

 

 

Q5>>当スクールを選ばれた理由、またはレッスンの印象はいかがですか?

 

A. 歴史があり、大先生はじめ、教師の先生方が精一杯で指導されていて、本物のバレエを身につけられると思ったから、と母が言っていました。

 

 

 

担当教師からのひと言・・・・

 

いつもニコニコ、笑顔がかわいい素直な、かこちゃん^_^

 

高校生活も楽しそうなので、安心しています。

8/23の団公演に向けて、レッスンとリハーサルに、汗を流し必死に頑張ってる姿に、成長を感じています。

 

これから先輩たちが進んできた、バレエと勉強の道をしっかり歩んで行ってほしいと思います。

 

まじめで素直なかこちゃんなら、きっと乗り越えてくれると信じています。

 

一緒に頑張りましょうね。

 

あき先生より♪

 

 

 

次回のキラキラバレリーナは・・・・

 

泉佐野本校の矢持和真(やもちかずま)くんです。お楽しみに(^o^)/

 

 

※登場生徒は厳正な抽選により選出され、生徒が未成年の場合には保護者承諾のもとで公開しています

慣れって恐ろしい😱…薫です

2018年7月19日 木曜日

 

薫です🐷

 

あなたは毎回のレッスンをどんな気持ちで受けていますか?

 

新鮮な気持ちで受けてますか?

 

「また同じことの繰り返しか〜」

 

「今日はだるいから、適当にしとこう〜」

 

な〜んて、そんな甘い考えでは、上手になれるはずがありません🙅‍♂️

 

毎回毎回のレッスンを、もっと真剣に取り組んでほしいです💢

 

 

と、私がなぜそう感じたかと言いますと…

 

先日、ご縁があって、ポーランド🇵🇱で現役ダンサーとして活躍されている方のレッスンを受ける機会が、泉佐野本校にてありました。

(以前ワークショップで来ていただいた、ヴィスラフ先生と同じバレエ学校だったエバ先生💕)

 

レッスン後の集合写真📷 エバ先生を探せ〜!ですね笑笑

 

お顔のとても小さい(握りこぶしくらいの)、つま先のきれいな、とても素敵な先生でした✨

 

受講者は団公演出演者たち😊

 

年齢層が幅広かったので(小4〜私まで笑)、レッスン内容は、特別に難しくなかったのですが、

 

膝伸ばす!

かかと前!

アームスの使い方などなど、私たちが常日頃から、生徒たちに注意していることばかりを注意されていました😖

 

 

「いつも言ってることなのに、初めて聞いたような顔してるわ〜」

 

 

と、私たち教師は悶々とした気持ち😤

 

 

レッスンは英語だったので、先生の言ってることをよく聞こうと、生徒たちの聴力もフルパワーのようでした👂

 

 

レッスンは新鮮味があり、刺激的で良かったのですが、

 

やはり普段から、もっとレッスンを大事にしてほしいと感じました😌

 

慣れた先生のレッスンだからといって、手を抜いている訳ではないと思うのですが、どこか気を許している部分があるのではないでしょうか?

 

 

もちろん、日によって体調がすぐれないとき、気分がのらないとき、誰だってあります。(私だってありますよ〜)

 

でも、そんなときだからこそ、自分自身をふるい立たせ、頑張ろうという精神力も、バレエを通じてもっともっと学んでいってほしいと思う私でした😊

 

暑さも大変厳しくなっていますので、集中してレッスンしないと、怪我のもと😣

さあ、一緒に頑張りましょう💪🏻

米つぶで⁈・・・亜委です

2018年7月17日 火曜日

あきです😊

 

 

Q:「夜中にめっちゃ足がつって大変な時、どうしたらいいですか⁇」

 

A:「応急処置で、痛いところに米つぶ貼っといたら、治るよ〜〜」

 

実はこれ、いつも身体のメンテナンスをお願いしている鍼灸の先生との会話。

 

というのも、時々寝ている時に足がつって寝られないことがあるので、悩んでたんで質問したんですが。

まさかのビックリ⁉する回答でした😵

 

「えっ〜〜、何それ。ホンマ〜〜⁇」

 

と疑い🤨ながらも詳しく聞いてみると…

 

鍼灸の治療で使われる置鍼の代わりだとか。

 

そもそも置鍼って何?

簡単に説明すると、

 

この⬇見えにくいですが、テープの中に小さい鍼(はり)がくっ付いていて、悪い箇所に貼るものです。(ネコは気にしないでね)

 

ピッ◯エレ◯◯ンの磁石が鍼になっているのが置鍼で、それを米つぶで代用できるとのこと!?

で、米つぶは硬く、ツボ刺激にはちょうどいい大きさで、しかも!悪い“気”を吸収するらしいんです!

 

確かに私は、置鍼を貼ると、とても楽になるので、この米つぶ治療も妙に納得。

 

ということで早速、置鍼との違いが感じられるか?半信半疑で米つぶ治療をやってみることに⬇

 

 

私は左足の三里のツボと呼ばれる部分と、ふくらはぎの外側に貼ってみところ・・・

 

ナント、ナント!!!!!

 

私には、置鍼の時より米つぶの方が合ってるくらい、左足が軽く感じられたんです!

 

あわてて、右足にも貼りました😊

 

これは肩コリにもきっと効くと思います!

身体のしんどいところに貼ると、楽になると思いますから、ぜひ試して見てはいかがですか👍

 

えっ、アキ先生って意外と単純なんや!って声が聞こえたような?

ともかく、こういうのは人によって合う合わないがあるので、まずは試してみることが大切!

自分にぴったり合う方法に出会えたらラッキーですからね!

 

またビックリ⁉治療法を教えてもらったらブログで紹介したいと思います!

 

私みたいに、半信半疑で1度お試しくださいませ〜

 

しかし、米つぶ治療ってとても日本的ですよね・・・

 

ではまた👋👋

暑いときこそ💪、、、多真美です!

2018年7月15日 日曜日

 

多真美です😊

 

毎日暑い日が続いていますね〜☀

 

暑さに、体力も気力も奪われてしまいそうですが…こんな暑いときだからこそ、頑張ってほしいことが‼

 

それは、ストレッチ‼

 

 

夏は、冬に比べて体が柔らかくなりやすいってご存知でしたか?

 

なぜかと言うと、、、

 

夏はストレッチしやすい、体内温度が上がった状態に体がなっているんです❗

 

冬の寒い時期は、気温も低く、体内温度も下がっています💦

 

そんなときは、体から熱が奪われないようにと、筋肉が緊張した状態になってしまい、自然と固まってしまってるんです😵

 

ですので、ストレッチをしてもなかなか伸びてくれません😭

 

冬は体が硬くて動きづらいな〜と感じること多いですよね😓

 

原因は、気温や体内温度にもあったんです💦

 

では、なぜ体内温度が上がるとストレッチしやすいのか…?🤔

 

それは、体内温度が上がっているときは、筋肉や筋がいつもより柔らかくなっているんです❗

 

柔らかくなっていることで、ストレッチをすると全身伸びやすくなります✨

 

それに、筋肉などへの負担も少なく、痛みも軽減😳

 

夏の暑い時期こそ、ストレッチしやすく、体を柔らかくするには最適な季節だったんです💕

 

寒い冬より、断然早く柔らかくなれますよ🤗

 

柔らかくなりた〜い🙏と思っているあなた❗

 

今が絶好のチャンスです👍

 

この暑さを利用して、しっかりストレッチを頑張りましょう〜‼

うれしい反応✨、、、賀代です😊

2018年7月12日 木曜日

賀代です😊

 

ブログがスタートしてから

ずいぶん経ちました🤗✨

 

ブログの担当日が近づくと

「次回は何を書こうかな〜?」

「みんなはどんな内容に興味があるのかな〜?」と、何を話題にするか考えています❣

 

ゆっくり考えながら作ったブログに対して、コメントを頂いたときが、

私はとっても嬉しいんです😆💕

 

読んでもらえてるんだ〜✨と

やり甲斐を感じられます👏

 

今までにたくさんの内容のブログを書いてきた中で、1番反応を頂くのが、

こちら❣❣

 

 

お料理の写真を載せたとき😆‼‼

 

特に生徒のお母様方や、主婦クラスの大人リーナの方々から、たくさん声をかけて頂くんです⭐

 

「先生、ブログ見ましたよ!」

「お料理頑張ってる〜!」

「あれは、どんなお料理??」

 

などなど、、、✨

ブログを話題にお話が盛りがることが多くなったんです😊

 

うれしいな〜〜💕

 

もちろん毎日写真のようなご飯を

作っているわけではありませんよ😂💦

(うまく作れたときの写真しか載せていません。笑)

 

ブログを書いていて

どれぐらいの方が見てくれているのかな〜?

最後まで読んでくれてるかな〜?

と、たまに不安になることもあるのですが、

そうやって声をかけて頂き、

普段お話しない方ともお話ができるきっかけになったので、ブログを書いて色々なことを発信し続けて良かった〜と安心しています⭐⭐

 

その時によって、

舞台のことであったり、新情報だったりを

書いていますが、

もし、あなたの気になることや興味があることがあるなら、教えてくださいねっ☺

 

少しでも答えられるように

色々なことを発信し続けていきたいと思います❣

静かな女の戦い(笑)‥‥‥理江香です🍀

2018年7月11日 水曜日

理江香です。

 

 

8月5日はバレエスーパーガラ。

8月23日は団公演の「くるみ割り人形」

 

‥‥と、8月は舞台が続く私ですが、実はブログでまだ紹介してなかった舞台が8月3日にあります。

 

それがこちら

「全国合同バレエの夕べ」

 

 

公益社団法人    日本バレエ協会の各支部が1年に1度、それぞれに作品を東京の新国立劇場で上演するんですね。

 

 

関西支部(学園長が選挙で選ばれ支部長をされています)は、今年は「パ・ド・カトル」という作品で参加。

 

カトルとはフランス語で「4」のことですので、まさに4人で踊る作品。

 

関西支部代表としてこの4人に選んでいただきました。

 

 

さて、簡単にこの作品のことをご紹介しましょうね。

 

 

1845年、当時著名だったバレリーナ4人を集めて作られたこの作品は「この4人が一緒に踊っているのを観られるのか!」と、センセーションを巻き起こしたそうです。

 

みんな優雅に踊りながらも、それぞれがトップバレリーナのため「我こそは!」という静かな戦いがうっすら見えて、なかなか面白いです😅

 

私が踊るのはグリジ。

 

最初はまさにこの絵のとおりのポーズで始まります。

 

全員で踊ってから1人ずつ踊り、また全員で踊って、最後は最初と同じポーズに戻ります。

 

ザ・クラシックとも言える踊りで、とてもゆったりしていて正直最初は「テンション上がんないな〜この踊り」なんて生意気にも思ってましたが、この踊りができた背景など調べて読んでみると先ほども書いたように静かな女の戦い(笑)が垣間見えて、ちょっと練習がおもしろくなりました😊

 

 

あなたも踊っている(踊った)ヴァリエーションがどんな作品でどんなストーリーの中で踊られるものなのか、一度調べてみてはいかがでしょう?

 

作品の意味などが分かることで踊るのが更に楽しくなるかもしれないし、そうして得た知識はあなたの踊りになんというか「ふくらみ」や「説得力」みたいなものをプラスして、あなたの踊りをワンランクアップさせてくれる‥‥かもしれませんよ☝

 

ではまた👋

根気よく!・・・薫です

2018年7月10日 火曜日

薫です😊

 

「あぁ〜頭ではわかってるんだけど、なかなかできない〜😫」

 

ってこと、いろいろありますよね〜😣

 

特にレッスン中でも、難し度ランキング上位に入るかもしれません、コレ👇

 


『トンベ、パドブレ、グリッサード、ソデシャ』

 

 

これはソデシャの写真です😊

 

 

”あっ、それそれ〜〜”

 

”音楽に合わせると、もう足もつれそうになる〜😓”

 

 

っていう声が聞こえてきそう笑笑

 

 

バレエのレッスンの中で、たくさんのパ(動き)が出てきます😊

 

 

そのパを覚えるのと同時に、そのパの用語も覚えていく必要があるんですね〜😊

 

 

初級のころは、1つずつのパを繰り返して練習していきます。

 

少し上達すると、たくさんのパをつなぎ合わせて踊っていきます😊

 

まるで言葉をつなぎ合わせて、文章をつくっていくような感じですよね🤗

 

 

なので、この『トンベ、パドブレ、グリッサード、ソデシャ』は、

 

4つのパが組み合わさっている動きになるんです😄

 

そこで、マスターできるためのポイント💡

 

全部つなげてしようとせず、ひとつずつコマ切れに練習していくことです😊

 

体が自然に動けるようになるまで、

 

そう!根気よく💪🏻

 

 

先日のレッスンで、この4つのパを2つに分け(トンベ、パドブレとグリッサード、ソデシャに)、何度も何度も繰り返し練習しました。

 

すると、全部つなぎ合わせてみたら、みんな上手にできるようになったんです〜👏👏👏

 

できなかったことが、できるようになった時の嬉しそうなみんなの顔を見たら、私まで嬉しくなっちゃいました💕

 

あっ✋🏻

 

ここであんまり喜んではいけません!

 

 

時間(日にち)が経つと忘れがちになってしまうので、忘れないうちに、レッスンに来て、何度も繰り返し練習して下さいね〜〜🤗

 

 

”忘れちゃった〜😅”

 

っていうあなた👩🏻

 

でも、大丈夫👌

 

また一から丁寧にお教えしますからね〜🤗

結果にコミット⁇・・・亜委です

2018年7月8日 日曜日

 

あきです😊

 

「このスジがめっちゃ硬いんです〜〜」

 

レッスン中のストレッチでよく聞くフレーズ。

確かに、触ってみるとひざや太ももに硬くて太いスジ発見。

でもそのスジは硬くて当たり前で、柔らかいと骨の支えにならず、きっと立ってられないでしょうね😊

 

では、なにが硬くて踊りにくいのか・・・あなたは分かりますか?

 

・・・答えは、

 

骨とスジをカバーしている筋肉!(が硬い)

 

つまり、身体の柔らかい人は、その筋肉が柔らかいというわけなんです!

 

では、これからその筋肉を柔らかくするための、とっておきの方法を伝授しましょう!

 

実はとっても簡単なんですよ・・・

 

1:水を飲むこと!!!!!

2:しっかり呼吸をして、酸素を身体に取り入れ、血流を良くすること!!!!!

 

えっ、これだけ? はい、これだけ・・・

この2つを心得て、ストレッチから試してみてください、必ず!だんだん柔らかくなってきますよ〜〜!!!!!

 

理屈は簡単で、水分が不足した筋肉は、カスカスになって硬くなり、筋肉疲労に襲われ身体がダル重〜く感じてきます。

また、疲労回復にも時間がかかるため、しんどいわぁ😫って感じやすくなり、レッスンで思うように動けず…

 

とても悪循環なんですよ😰

 

しかし🖐

一気にがぶ飲みすると、筋肉が冷えて余計に硬くなるので、口の中を潤すくらいを、こまめに何度も取るようにしましょう。

教室内に持ち込んで、バーレッスンの合間(教師が見本を見せている時など)など、少しずつ潤すだけで、どんどん変化してきます。

 

ダイエットのつもりで水分を摂らない人もいますが、

私達バレリーナは美しく踊るために日々努力しているのに、筋肉を硬くして踊りにくい身体にしてしまっては「本末転倒」(ほんまつてんとう:意味が分からない人は調べてね)です!

 

水分を摂っても、私達はレッスンで身体を芯から温めているので、その時にでる汗💦は、筋肉をほぐしてくれるんです。

反対に、

(暑さで出る)皮膚表面からだけ出る汗💦は、気化熱で体温を下げるためのもの。当然すぐに身体が冷えるので要注意!

 

そして、もう一つ大事なことが「しっかり呼吸をすること」!

水分と酸素をしっかり摂り込むことで、体温が上がりだんだん良い筋肉に生まれ変わってきますよ。

 

その証拠に、今年の始めからこまめに水分補給するようになった生徒たちは、筋肉がほぐれて柔らかくなってきました!

 

柔らかくなり、大切なバーレッスンがとても動きやすくなってきたので、身体や足のラインがとてもまっすぐで綺麗になってきました👍

 

あなたも、[水分と酸素]をしっかり摂るこの方法に、チャレンジしてみませんか?

 

ただし🖐

これは、短期集中では結果は出ません😱

体質改善には最低3ヶ月以上かかります!

あわてない、あわてない、焦らずコツコツと。

 

冬の寒い季節と違って、これから水分補給にピッタリの季節ですからね。

 

あなたも「結果にコミット」してみませんか⁇

 

 

 

ちなみに、私の経験上・・・体温の高い人の方が筋肉が柔らかいはず🤔

というのも、筋肉が柔らか(過ぎて困っている)私自身が、実はかなり体温高め!!

(毎晩、暑い〜〜暑い〜と連呼してうるさい!😫と家族にきっと思われています😫)

 

ではまた👋👋

嬉しい成長✨、、、多真美です!

2018年7月7日 土曜日

 

多真美です😊

 

カーニバルを終えて、生徒たちの変化に嬉しくなっちゃいました😆

 

先日、ベーシッククラスを指導中、みんなの表情にビックリ‼

 

みんな、やる気満々で、踊りたくてしょうがない✨という感じ😳

 

 

 

このクラスは、3人が今回のカーニバルが初舞台でした☺

 

カーニバルのリハーサルが始まる前は、レッスンの途中でママのところに行っちゃったり、気分が乗らず泣けてくる日もあったり、、、この調子で舞台大丈夫かな?と実は少し心配していたんです💦

 

しかし、リハーサルが始まり、いつもと違うお友達との練習や、お姉さんたちの踊りを見る機会も増え、どんどんみんなの様子が変わっていきました✨

 

自分たちも頑張らないと‼と、いう気持ちが出てきたんでしょうね☺

 

本番に向けて、一生懸命レッスンに取り組むようになりました😭💕

 

それだけでも十分だったんですが、本番を終えると、やる気もバレエ好き度もさらにアップしている姿に嬉しくなりました😍

 

今回は出演していなかったAちゃんも、本番は客席から応援してくれていました👀

みんなの頑張っていた姿を見て、「来年は自分も頑張る〜‼」と、今からやる気満々😁

 

みんな数ヶ月前とは、別人のように成長してくれたことに、私もママ達も感動です✨

 

 

やはり舞台を経験するということは、凄いことですね😌

 

こんなに小さい子たちでも、変わるんですから✨

 

また、今回は出ていなくても、Aちゃんのように、客席からお友達の踊りを見ることで、刺激を受けた人もたくさんいると思います😊

 

見るのもとても勉強になることですね😉

 

彼女たちには、この調子でどんどん頑張ってほしいと思います♫

 

これからのさらなる成長が楽しみです〜🤗

 

ではまた👋

今週のキラキラバレリーナvol.179

2018年7月6日 金曜日

泉北本校インターBクラス

中西うるる(なかにしうるる)さん

9歳  血液型O型

 

☆☆☆プチインタビュー☆☆☆

 

Q1>>バレエを始めたきっかけは?

A.泉北本校の隣にある”かえる公園”に遊びに来たとき、看板を見て習おうと思った。

 

 

Q2>>バレエを始めて良かったことは?

A.いっぱいありすぎて・・・わからない

 

 

 

Q3>>バレエでの今後の課題/目標は?

A.いっぱい身長を伸ばして、足をものすごく外むきにする!

 

Q4>>好きな有名人(キャラクター)

A.横山だいすけ・イモトアヤコ・ナスD・ドラえもん

 

Q5>>当スクールを選ばれた理由、またはレッスンの印象はいかがですか?

 

A. 家から近かったこと。上手なお姉さんがたくさんいたこと。

うるるがこんなにもバレエにハマると思っていませんでした。

頑張れ~、くじけるな~、つきぬけろ~っていう親の強い気持ちを、スッキリさせてくれる熱いレッスンが好きです。

 

 

 

担当教師からのひと言・・・・

 

今年で7年連続皆勤賞を受賞するうるるちゃん✨

 

”学校は休んでも、バレエは絶対に休まない!!”

”100歳まで皆勤賞を目指す!”

 

と、バレエに対する思いが、人一倍熱いうるるちゃんですが、入学当初は毎回ビービー泣いていたことを、先生はよ~く覚えています笑

 

あんな小さかったうるるちゃんと、今年は団公演で同じ舞台に立てるだなんて、先生はとても嬉しく思っています😊

 

人を思いやる気持ちや周りへの気配り・気遣いのできる、誰からも好かれるダンサーになってくれることを願っています☺

 

薫先生より♫

 

 

次回のキラキラバレリーナは・・・・

 

泉佐野本校の松永佳子(まつながかこ)さんです。お楽しみに(^o^)/

 

 

※登場生徒は厳正な抽選により選出され、生徒が未成年の場合には保護者承諾のもとで公開しています

1 / 7712345...102030...最後 »

月別アーカイブ

  • ブログ