ブログ

  • HOME
  • スクールカリキュラム・お月謝
  • 各教場のご案内
  • バレエスクールQ&A

HOMEブログ

外反母趾(がいはんぼし)、扁平足(へんぺいそく)編‥‥‥理江香です🍀

2019年7月23日 火曜日

理江香です。

 

 

先日、ある生徒から、

 

「外反母趾ぎみになってきて、少し痛みもあるんです」

 

 

と、相談を受けました。

 

 

シューズを脱いで見せてもらうと、確かに親指が少し、人差し指の方に傾いていました。

 

それに、扁平足ぎみで、足裏のアーチがあまりなかったんですね。

 

 

外反母趾の原因はいろいろとあります。

 

いくつか挙げてみますね☝️

 

 

☆   足裏の縦のアーチと横のアーチがくずれて、扁平足になっている。

 

☆   ヒールなどの幅が狭い靴をよく履いている。

 

☆   逆にぶかぶか過ぎる靴を履いている。

 

 

などなど‥‥

 

 

相談に来た彼女は、扁平足が原因じゃないかと思ったので、改善方法を教えて、続けてもらっています😊

 

今回はその方法を紹介しますね。

 

外反母趾ではないけど、ちょっと扁平足かな〜と思うあなたも、ぜひやってみてください☝️😊

 

 

 

 

扁平足を改善するには 足裏のアーチをつくらなくてはいけません。

 

写真の赤線のように、縦方向、横方向にアーチがあるのが理想的。

 

縦のアーチは、レッスンのルルベ(背伸び)で結構鍛えられてるのですが、横のアーチは崩れがち。

 

そこで、効果的な方法は‥‥

 

①  足の指じゃんけん  ✊  ✌️  🖐

 

グー

 

 

チョキ

 

パー

 

 

と、日に何度か繰り返してみてください。

 

足裏や足指が鍛えられて、効果あり‼️ですよ😊

 

ストレッチクラスでは、ほぼ毎回してますよね😊

 

 

②   5本指ソックスを履く。

 

これは血行も良くなるし、そもそも、外反母趾になってしまってる人には断然オススメです☝️

 

 

③   裸足で歩く

 

実は、これがいちばん大事‼️

 

本当は裸足で、土や砂の上を歩くのがいちばんなんですが、なかなかそうはいかないですよね?

 

でも、家などではできるだけ裸足で過ごしてみてください😊

 

 

どれも簡単なので、ぜひやってみてくださいね。

 

 

次のブログでは、外反母趾になってしまった時の、テーピングの方法を紹介しますね。

 

では、また👋

ルルベの大切さ、、、賀代です☺️

2019年10月14日 月曜日

賀代です☺️

 

 

「みんなきれい〜〜😍👏👏」

 

と、レッスン中に思わず撮った写真です🤳

 

 

みんな力強い足でしっかり立っています✨

 

この写真を見ると、

トゥシューズって履いたらこんな風に立てるんだと思ってしまいそうですよね😂

 

でも、トゥシューズはとっても硬いので

ここまで立てるようになるまで

みんな時間をかけて努力をしてきたんです☺️

 

トゥシューズへ向けての訓練は、

小さいピンクちゃんのときから始まっています❣️

 

レッスン中に、

「ルルベをもっと高く!」

「かかとをあげて!」

 

と、言われたことはありませんか?😊

 

私はルルベが苦手でした😅

 

 

このルルベがとっても大切なんです👏

 

指をしっかり折って立っているか、そうでないかで、後々大きく変わってきます。

 

ルルベをするのがつらい〜と思っている人がいるかもしれませんが、

毎日毎日「指をしっかり折って立つ」という意識を持って、訓練をしていけば、

徐々にかかとが上がり、ルルベが高くなってくるので、安心してくださいね☺️

 

 

ルルベを鍛えると、

トゥシューズを履いたときにとっても役立ちます✨

 

最初の写真のお姉さんたちのような足になるために、

ピンクちゃんたちも、

「ルルベ」を一緒に鍛えていきましょうね🥰💪

 

 

今週のキラキラバレリーナvol.209

2019年10月11日 金曜日

泉佐野本部校インターBクラス

伊藤光優(いとうみゆ)さん

10歳   血液型AB型

 

 

☆☆☆プチインタビュー☆☆☆

 

Q1>>バレエを始めたきっかけは?

A.女の子が生まれたら、絶対バレエを習わせようと思っていました。

 

 

Q2>>バレエを始めて良かったことは?

A.発表会等で大きな舞台に立てること。

 

 

Q3>>バレエでの今後の課題/目標は?

A.トゥシューズをはいて、ヴァリエーションを踊りたいです。

 

 

Q4>>好きな有名人(キャラクター)

A.ジェラトーニ

 

 

Q5>>当スクールを選ばれた理由、またはレッスンの印象はいかがですか?

 

A.体験レッスンをさせていただいた時に、娘が「楽しい!」と言ってくれて、すぐに入会を決めました。

どの先生も心のこもった丁寧なご指導で、バレエに対する真摯な気持ちと誇りを感じます。

見学している親の私は、バレエをしている子供達と美しいメロディーに、いつも癒されています。

先生方や年上のお姉さん達のように、長くバレエを続けてもらいたいです。

 

担当教師からのひと言・・・

 

首が長くてつま先もキレイなみゆちゃん。

 

今年のカーニバルではヴァリエーションに初チャレンジし、とっても上手に踊れていましたね。

来月本番の、堺バレエフェスティバルで踊るフロリナのヴァリエーション。

練習の成果を発揮して、可愛いくステキに踊れるよう応援してます。

 

次は憧れのトゥシューズ目指して頑張りましょうね。

 

理江香先生より

 

 

次回のキラキラバレリーナは・・・・

河内長野校の木下雅翔(きのしたまさと)さんです。お楽しみに(^o^)/

 

※登場生徒は厳正な抽選により選出され、生徒が未成年の場合には保護者承諾のもとで公開しています。

名付けて‥‥‥理江香です🍀

2019年10月10日 木曜日

理江香です。

 

初めてバレエを習いに来た日のこと、あなたはおぼえていますか?

 

2、3歳だったあなたも、もう少し大きくなってから習い始めたあなたも、きっとすごく緊張していたんじゃないでしょうか?

 

 

そんな緊張をすこしでもほぐして、楽しんでもらえたらと思ってやっている工夫がいくつかあるんですね。

 

そのひとつが、ピンクレオタードちゃんクラスの最初にする、柔軟の時間のあること✌️

 

それは‥‥

 

『柔軟の体勢に名前をつける』

 

です☝️

 

 

どんな名前か、さっそく写真と一緒に紹介してみますね〜😊

 

モデルは、たまたま早く来ていたRちゃん。

 

ママに許可をもらって撮影させてもらいました😊

 

 

さて、まずは定番の

『かえるさん』

 

 

 

お尻や股関節周りをほぐすこの柔軟は、

 

名付けて‥‥

『赤ちゃん、抱っこ〜』😊

 

 

少し位置が上がると

『携帯電話、もしもし〜』😊

 

もう少し上がると

『ちょんまげ〜』😂

 

まだまだ軟らかい子にはもっと行ってもらって

『まくら〜』😂😂😂

 

 

ここまで順番にやっていると、緊張していた子も、眠たくて泣いていた子も、だいたい笑顔になって参加してくれます😊

 

特に『携帯電話』の時は、

 

「◯◯ちゃん、聞こえますか〜?」

 

って声をかけると、

 

「聞こえてるよ〜😊』

 

と、笑顔でお返事してくれます

 

かわいいです😍

 

 

他にも、

 

「私はこんな名前つけてるよ」

 

っていうのがあれば、先生に教えてくださいね😊

 

待ってま〜す😊

Memory、、、薫です☆

2019年10月9日 水曜日

薫です🐷

 

 

もうあれから1ヶ月。。。

 

 

振り返ると、たくさんの思い出がよみがえります✨

 

その思い出とは、、、

 

 

ポーランド旅行🇵🇱

 

初めてのひとり旅😱

 

 

しかも海外✈️

 

 

不安いっぱい〜〜💦💦

 

 

きっと昔の私なら、諦めていたと思います😓

 

 

でも、

 

 

“娘の晴れ舞台を観に行く!“

 

 

その強い気持ちが私の背中を押してくれました😊

 

 

もう本当に行って良かったの一言💖💖💖

 

 

 

2週間ぶりに観た娘は、あのワルシャワ大劇場の舞台の上✨

ワルシャワ大劇場

 

顔つきが明らかに以前と変わっていました。

 

キラキラと輝き、海外の劇場で堂々と踊っている姿に、とても感動しました。

 

 

 

 

当日のキャストに選ばれるために、毎日がオーディションのような日々でのリハーサル。

 

そして、舞台当日の朝にキャスト発表!

 

で、本番。

 

根性つきますね〜

 

たくさん舞台に立つことで、確実に成長した姿を見ることができました。

 

ビィスラフ先生のプロジェクトである

 

“youth spirit of dance“💃🕺

 

のメンバーとして選ばれ、このツアーに参加することで、視野が広がり、たくさんの経験、刺激、そして課題を見つけたようです。

 

ポーランド人のお友達もたくさんできて良かったと😊

 

娘にとって、この貴重な経験は一生の財産になってと思います。

 

私もロシア国立ワガノワバレエアカデミーへ長期留学時に経験したことは、20年以上経っても忘れられない思い出です(良い思い出も辛い思い出も)

 

その経験が、今でも私の支えにもなっています。

 

いろんな経験が、バレエやまた人生のどこかで役に立つときがくるので、あなたもチャンスはどんどん自分から掴み取りに行ってほしいです🤗

 

 

とても素敵な国ポーランド🇵🇱

 

また次の機会にご紹介しますね🤗

 

私の珍道中も🤣🤣

コレいいかも、、、亜委です😊

2019年10月8日 火曜日

あきです😊

 

この前チャコットカルチャーの生徒さんから、こんな質問を受けました・・・

 

「トウシューズに付ける踵(かかと)のゴムって、外側につけてもいいんですか?」

 

そのゴムがこれ⬇︎

リボンが緩んできてもシューズが脱げないようにするための「保険」のようなゴムなんですが・・・

 

実は、現役時代の私はこのゴムがどうもイヤでした😰

 

なぜなら、

1、縫い付けが面倒くさい(これが一番大きな理由😱)

2、縫い付け部分がこすれて、靴ズレ状態になって痛い💦

3、ゴムを通して履かないといけないので、サッと履けない ⬇︎

 

なので、ゴムなしで脱げないために、かかとに直接松ヤニの粉をつけてから、トウシューズを履いていたんです   ⬇︎

 

ということで、

「着ける位置は内側ですが、そもそも正しいリボンの結び方をすれば、脱げませんからゴム不要です!」

と、その生徒さんにはお答えしました。

 

ただ、やっぱり気持ち的には

「もしも脱げたら、、、😱」

って不安を感じながらでは、気持ち良く踊れないのも事実です。

 

で、ふと思い出したのが!

泉北本校のKちゃんが付けていた、

「かかと脱げ防止テープ」!!

 

それがこれ⬇︎

この紫のテープの正式名称!?は

【ヒールグリップテープ】

 

「すごい便利なモノがあるんやわぁ」

と感心するばかりですが、

だいたい私の現役時代には、こんなスグレモノ無かったからなぁ〜😂

 

私みたいにゴム嫌いな人にはいいかも〜〜✌️

 

でも、最終目標は「失敗しない」リボン結びですから、

ぜひ練習を重ねてくださいね!

 

 

方向大丈夫かな⁈…多真美です!

2019年10月7日 月曜日

多真美です😊

 

今までにも、各先生のブログで何度か登場している、こちら‼️

 

(薫先生ブログからお借りしました🙏)

 

何かわかりますか〜?🤗

 

これは、バレエの体の向きの基本となる、8方向を説明するものです✨

 

これが、最近、本部校でリハーサルを行っている「堺バレエフェスティバル」の出演者のみんなに大活躍なんですよ〜❣️

 

普段のレッスンから、きっちり体の向きは指導され、この8方向の説明も必ずどの先生からも聞いているはずなんですが…(笑)

 

みんな、Vaになると急にお忘れになっちゃっている様子😭

 

と言うことで、今一度きっちり理解してもらうために、先日りえこ先生がみんなを集めてゆっくり説明してくれました🙇‍♀️

 

 

大きな紙に、写真のように8方向の線を書き、その紙の上に立ち、踊りの振りに合わせて、おへその向きや、足の上げる方向を1人ずつ確認😌

 

 

すると、みんな「あぁ〜😳そういうことかぁ〜‼️」と、言われていることが初めて理解出来た様子😅

 

先生たちが、どれだけ言葉や見本で説明するより、自分で実際に紙の上に立ってみるのが1番わかりやすかったようですね😚

 

バレエは、この方向がとても大切☝️

 

きっちりと決められた方向を向き、決められた方向に足、手を上げることによって、踊りが綺麗にシャープに見えます✨

 

Vaだけに限らず、普段のレッスンから、常に意識しておいてくださいね😉

 

彼女たちが使用している方向確認のこの紙、本部校に置いてありますので、試してみたい人はいつでも言ってくださいね🤗

 

「あれれ⁉️私こんなところに足上げちゃってたの〜🤭」と、自分で間違いを理解することで、上達にも繋がるはずですよ〜😌

 

ではまた👋

 

成果を実感✨✨、、、賀代です☺️

2019年10月4日 金曜日

賀代です☺️

 

まだまだ暑い日もありますが、

すこ〜しずつ

涼しいと感じる日が増えてきましたね☺️

 

私の苦手な季節😱

 

寒くなるにつれ

身体がだんだん硬くなっていく、、、🥺💦

 

 

暑い時は

筋肉も柔らかくストレッチがしやすいのですが、寒くなると身体が温まりにくく、

「ピキーン⚡️」となってしまうことも、、、😭

 

なのでこれからの季節

身体が硬くなっていかないように、

ストレッチをし続けていくことが大切ですね☺️

 

小さい頃から身体が硬かった私。

 

柔らかくなりたい‼️という気持ちから

毎日お風呂上がりにストレッチをしていました😊

 

「あ〜ちょっと柔らかくなった〜」

 

と思って、次の日起きたら

またカチコチに、、、😭

 

あなたもこんな経験ありませんか??

 

そんな毎日の繰り返しでしたが、

続けていくうちに、出来なかったストレッチが出来るように💕

 

自信に繋がりました🥰

 

普段のお稽古では

バー途中で、欠かさずストレッチをしています!

 

毎週続けていると、

みるみるうちに柔らかくなっていく生徒たち😍👏

 

 

最初は嫌だな〜という顔が見られることもありましたが、

今では生き生きとした表情に😍

 

やればやるだけ成果が出ることを実感し、

苦手意識がなくなってきたようです✨

 

この調子で冬に向けて

みんなでストレッチ💪頑張っていきましょうね😆✨

振付ける私と頑張るみんなと他に‥‥‥理江香です🍀

2019年10月3日 木曜日

理江香です。

 

令和元年11月3日に開催される、

 

『第25回  堺バレエフェスティバル』

 

作品の部で出演する金剛校のみんなも、猛練習中です‼️

 

振付のお見本を見せる私も、それを一緒に動きながら必死でおぼえているみんなも、もう汗だく💦

 

みんなすごく頑張っています😊

 

 

そして他にも頑張っている方々が‥‥

 

それは〜

 

撮影しているパパさんやママさん😅

 

 

金剛校のこの舞台の練習は、本校の発表会の練習とは違い、日曜日に全員集まって、何時間も練習するという時間がとれないんですね。(他の練習と重なっているため)

 

それで、金剛校のレッスン日の火曜日と木曜日のレッスン時間の中だけで練習するので、振付を早くおぼえてもらうために、練習中の撮影を許可しています。

 

もちろん、ご自分のお子様の曲だけにしていただいていますよ☝️

 

動画を撮ってもらって、次のレッスンまでにお家で見ててもらったり、軽く動いておいてもらうことで、次の時に忘れてなくて、スムーズに次へ進むことができています。

 

 

あるママさんなどは、動画を見ながら一緒にお家で練習してくれているらしく、振付をおぼえてしまったそうですよ😊

 

『私もいい運動になってますわ〜😅』

 

ですって😊

 

良いコミュニケーションにもなってるようですね☝️😊

 

 

 

振付はほぼ終わりましたので、これからはひとつずつ細かく丁寧に、基礎に忠実にキレイにしていく作業になります。

 

私と、お手伝いしてくれている団員の百恵先生とで、しつこ〜く直していきますので、頑張ってくださいね(笑)

 

いっぱい練習して、みんなで最高の舞台にしましょうね💪

 

お人形さん

ちょうちょ

ジョーキーポルカ

 

黒レオタードのみんなのは、踊りの指導がヒートアップしすぎて撮り忘れました🙇🏻‍♀️ので、バーレッスンの様子⤵︎

いろいろな工夫⭐️、、、薫です

2019年9月30日 月曜日

薫です🐷

 

 

レッスン終わりに、何やら書き物をしている生徒Nちゃんを発見‼️

 

のぞき込んで見てみると👀、、、

 

 

毎回、注意されたことを忘れないために、メモしているとのこと😊

 

 

素晴らしい👏👏👏

 

 

これは私も小さい頃から学園長に教わったことです😊

 

“今日の注意は今日中にバレエノートに書く“

 

 

そうすれば、次のレッスン前に、ノートを読み返して、注意すべきところを意識してレッスンすれば、より上達しますね✨

 

 

何度も何度も繰り返し同じ注意を受けるのは、時間がもったいない話ですね😓

 

私は、バレエの注意だけでなく、今日のアンシェヌマン(動き)や舞台の振り付けなど、よく書くんです。

 

ロシア留学時代も、よくレッスンノートを書きました😊

 

今日の自分の状態がどうだったかと、書くことにより、見つめ直す良い時間だったことを思い出しました。

 

毎日毎日書くのは、しんどいな〜という日もありましたが、今となっては上達するのに、とても大事なことのひとつだったと思います✨

 

Sちゃんのバレエノートもなかなかユニーク‼️

なんと!イラスト付き💕

 

とても上手に描けてますね👏👏👏

 

“私も工夫してバレエノートを書いてます!“

 

って声が他にも聞こえてきそうです😊

 

また、先生に見せて下さいね〜🤗🤗

 

ストレッチしながらも🙆‍♀️ですね!Aちゃん👏

こうやってああやって、、、亜委です😊

2019年9月28日 土曜日

あきです😊

 

次回の

本田道子バレエ団主催・第5回特別公演

深川秀夫版「白鳥の湖」全幕 2020年4月6日(月)

 

先日、泉北本校で団公演ポスター用写真撮影をおこないました!

 

今日はその撮影のウラ側をちょっとだけ教えちゃいます〜〜😊

 

実はコレ⬇︎⬇︎を使って撮影します。(カメラマンは毎回、本田GM(ゼネラルマネージャー)が頑張ってます👍)

 

このグリーンバック※と言われる撮影用のシートを設置して

その中で踊ったり、ポーズをしたりします。

こんな大きなシートが要るの?って感じですが、

アラベスクのようなポーズをとると、これでもはみ出すほどなんですよ!

 

※GMによると・・これはクロマキー合成というそうで、人物/被写体が切り抜きやすくなる?そうです(^_^;)

参考>下の画像は「シンデレラ物語」の撮影時のもので、理江香先生が下のように切り抜かれ画像処理されました。

 

 

そして、記念写真のような簡単に

「ハイ、ポーズ」「カシャッ」

と言う訳にはいきません😱

 

まず撮影日までに衣裳を調達し、

当日は、

本番同様にヘアメイク(私、ヘアメイクさんに変身します✌️)と

ウォーミングアップをして、ようやく撮影開始です。

 

実は、写真撮影は踊るよりも大変なんですよ😰

バレエカーニバルでもカメラマンさんが撮影するポーズ写真では、

なかなかポーズが決まらず、1人ずつ何枚も撮って時間がかかりますよね。

 

ポスター用写真はその何十倍も時間がかかります😱

 

でもだんだん時間をかけていくにつれ、

表情やポーズに手ごたえが感じられるようになり、良い写真が撮れてくるんです。

 

団公演のポスターとチラシを見て、

「ぜひ、観てみたい!!」

と思えるものに仕上げるためには、写真やデザインはとても大切!!

 

団長とGMが念入りにチェックしながら、何十パターンも撮影しました。

顔や身体、手や足の向き、

細かく手直ししながら、撮影すること数時間…😱

 

ヴァリエーションを10回続けて踊ったくらい、

終了後は撮影する側もされる側も、そしてサポートする私もフラフラ〜です😂

 

でも、大変だった分、納得のいくものが撮れました!

出来上がりはまだ先ですが、どうぞお楽しみに〜〜👍

 

そして、生オーケストラ伴奏による本番の舞台は、必ず見応えのある舞台に仕上げていきますので、

ぜひフェスティバルホールへ観に来てくださいね〜〜🤞

 

お楽しみに〜〜😊

 

※チケットの発売は2020年1月6日(月)0時開始予定です!

1 / 10012345...102030...最後 »

月別アーカイブ

  • ブログ