指導理念・教師プロフィール

  • HOME
  • スクールカリキュラム・お月謝
  • 各教場のご案内
  • バレエスクールQ&A

Home指導理念 & 教師プロフィール

学園長ご挨拶

私がバレエ教室を開校したのは1966年のことでした。
開校当初から、欧米と同レベルの正しいバレエを指導することに専念していましたが、指導すればするほどある問題に直面しました。
それは、こちらがどれだけ熱心に指導しようとも、生徒が家の都合や学校の勉強のためにやめていくという現実でした。

海外のバレエ学校は日本の小中学校のような形が主なので、入学後は6年、9年の決まった時間が約束されています。
そのため指導も余裕をもって計画的におこなえます。
ところが、日本ではバレエ指導はあくまでも習い事のひとつであるため、何年という決まった時間はありません。
誰がいつまで続くか分からない状況の中で、正しいバレエを分けへだてなく指導し続けるのは、指導する側に強い責任感と精神力、そしてなによりも教える努力の9割を捨てる覚悟が必要なことを身をもって体験してきました。
バレエ教室を開いて何年かすると、教師なら必ずこの大きな現実にぶつかります。
一生懸命に指導しても無意味だと考え、いつ生徒にやめられても自分が傷つかないように、力を抜いた指導に切り替える教室もあるほどです。

古い話になりますが、教室を始めて何年かした時のことでした。知人の先生が、私が必死になって指導している姿を見て「なんでそんなに必死に教えてるの?生徒はどうせすぐにやめるから、手を抜いて教えてもだれも分からない。必死に教えるだけ損!」と・・・
当時は確かに10年続く生徒が1人いるかどうかでしたので、10年、20年先を見越した手間のかかる丁寧な指導を全員にしても、ほとんどがムダになるのは明らかでした。まさに積み木崩しの連続です。

昨日までとても熱心に頑張っていた生徒が、なんの前触れもなくある日突然やめてしまう、その喪失感は熱心に指導すればするほど大きくなるので、人間なら心が折れても無理はないかも知れません。
しかし私には、いま指導している生徒の中で誰か1人でも10年以上続くかも知れないと思うと、その誰かをいつか裏切るような指導をする気には到底なれないのです。

バレエには決まった技法や理論があります。欧米式のバレエ指導法は先述のとおり日本では使えません。そのため私は日本人に向いた指導法を試行錯誤しながら研究を続けました。結論的に生徒達を見ていて気付いたことは、人は楽しいことが好きで、好きなことしか頑張れないし続かないということ。つまりバレエをいかに楽しく感じ、どれだけ好きになれるかなのです。
だからといって幼児に簡単なことばかりさせても無意味で、単純な楽しさはすぐに飽きてしまいます。
日頃から小さな課題をあたえ、それを克服して次のステップへ進む小さな「成功体験」の積み重ねが、結果として充実した楽しさになり自然にバレエを好きになって上達していく、これが私の指導法であり理念なのです。

保護者のなかには指導内容をあまり重視されない方もおられるようですが、ただ一つだけ言えることは、はじめに正しく習っておかなければ、バレエ以外の踊りに進むにしても、将来の発展性を自ら狭めてしまうということ。

『いつまで続くか分からない』からこそ、クラシックバレエでは“最初”がとても肝心なのです。

あなたと一緒にバレエができることを、心から楽しみにしています。

本田道子(ほんだみちこ)略歴
1947年、母方の従姉妹にあたる近藤玲子(当時宝塚音楽学校講師)に師事しクラシックバレエを始める。
福田一雄氏作曲の創作バレエで初舞台を踏む。その後、近藤玲子バレエ団(当時)に入団。
多数の公演に出演するほか、長門美保歌劇団の長期公演にて客演。NHKテレビ番組などにも出演し、関西や東京にて舞踊手として活躍する。
65年:本田道子バレエ研究所(当時)設立。
75年:旧ソ連モスクワ・バレエ・アカデミーへ研修留学。
78,79年:同バレエ・アカデミーの二一ナ・チストヴァ氏を講師として大阪に招聘。本格クラシックバレエの普及に努める。
93年:堺市(大阪府)のバレエ芸術振興を目的として、有志6団体と共に堺バレエ協会を設立し会長に就任。以降、協会主催の「堺バレエフェスティバル」を毎年開催し、多くの観客動員を誇る催しとして定着させる。
97年:ワガノワ・ロシアバレエアカデミー主催・ワガノワメソッド国際セミナーに特別参加。
Osaka Prix(大阪)、こうべ全国洋舞コンクール(兵庫)、コンペティション21(愛知)など、多くのバレエコンクールにおいて審査員をつとめる。
■1996年:大阪府知事より文化功労・大阪府知事表彰
■2003年:公益社団法人・日本バレエ協会より舞踊文化功労賞受賞
■2011年:堺市長より堺市文化功績者表彰
一般財団法人 本田道子バレエ団団長兼芸術監督
本田道子バレエスクール学園長
公益社団法人・日本バレエ協会関西支部支部長
堺バレエ協会会長

教師プロフィール

学園長・本田道子のバレエに対する想いを着実に受け継いだ現教師陣です。生徒一人ひとりの個性を大切にしながら、成長を実感していただけるように指導を心がけております。是非私たちと一緒に、バレエの楽しさ・奥深さに触れてみませんか?
本田亜委
教師の写真

私はバレエを初めて習うお子さんを指導するときには、まずバレエが好きになれるように心がけています。
走り回っている生徒を叱りつけて並ばせても、レッスンが嫌 になるだけなのです。
基本的に最初は生徒の好きにさせますが、経験上、遅くても数回のレッスンで自然にバーを握って並びだします。
これは同じクラスでも年齢や経験の違うお友達やお姉さんたちが、真剣にレッスンを受けている姿を間近で見ているうち親から見るとレッスンの邪魔をしてるように思えても、 最初 の何回かだけのことですので、ご心配は無用です。
安心して私たちにお任せください。

経歴紹介

9歳より本田道子バレエスクールにてバレエを始める

91年 埼玉全国舞踊コンクールにて埼玉県舞踊協会賞受賞
92年 第2回堺シティバレエフェスティバルにてシニア部門第1位
堺市長賞、富士通賞受賞。埼玉全国舞踊コンクールにて埼玉県舞踊協会賞、舞踊協会奨励賞受賞
93年 英国ロイヤル・アカデミー・オブ・ダンシングへ短期研修参加
埼玉全国舞踊コンクールにて埼玉県舞踊協会賞、朝日新聞社賞受賞
94年 ロシア国立ワガノワ・バレエ・アカデミーへの1年間の長期留学生へ選抜され渡露
95年 エルミタージュ美術館記念公演に出演(ロシア・エルミタージュ劇場)
第3回ワガノワコンクールフェスティバルコンサート出演(サンプトペテルブルグ)
ロシア国立ワガノワ・バレエ・アカデミー留学より帰国
96年 (財)大阪府文化振興財団より大阪府芸術劇場奨励新人の認定を受ける
98年 社団法人日本バレエ協会関西支部主催バレエ芸術劇場「M・フォーキンの夕べ」のオーディションに合格
“王妃ゾベイダ”役(シェヘラザード)で主役として出演(大阪フェスティバルホール)

現在に至る

麻生川薫
教師の写真

私は、基本に忠実に、より正確な技術を身につけてもらえるよう、自分自身でしっかりと見本を見せることを心がけて指導しています。また、バレエを通して素敵な女性になっていただけるよう、お行儀や内面磨きも意識して指導しています。「先生のようになりたい!」と思ってもらえるよう、努力していきたいと思います。

経歴紹介

4歳より本田道子バレエスクールにてバレエを始める

91年 埼玉全国舞踊コンクールにて埼玉県舞踊協会賞受賞
92年 ロシア国立ワガノワ・バレエ・アカデミーへ短期留学
95年 ロシア国立ワガノワ・バレエ・アカデミーへの1年間の長期留学生へ選抜され渡露
学校公演「くるみ割り人形」に出演(サンプトペテルブルグ・マリインスキー劇場)
96年 ロシア国立ワガノワ・バレエ・アカデミーへの1年間の長期留学から帰国
00年 大阪新聞社主催「第1回クラシックバレエコンクールOsaka Prix」シニアの部・第4位入賞
01年 社団法人日本バレエ協会関西支部主催バレエ芸術劇場「くるみ割り人形」のオーディションに合格、
“東洋の踊り”役でソリストとして出演(大阪国際会議場・グランキューブ大阪)

現在に至る

楠本理江香
教師の写真

私は4歳から学園長に教わり、今もご指導いただいています。そして、その教わったことをもとに自分なりに考え、指導させていただいています。 ベーシックは正しい基礎を楽しみながら身につけてもらえるよう、インターは基礎の上にテクニックとバレリーナに相応しい立ち居ふるまいを、それ以上のクラスの子たちには私もまだ現役で踊っていることもあり、実際に踊ってみせて舞台や練習に取り組む姿勢から、色々なことを感じてもらえるように心がけています。
これまでに私は学園長からバレエのことだけでなく、人として大切なこともたくさん教えていただきました。私が学園長を尊敬しているように、子供たちから出会って良かったと思われる先生でありたいと思っています。

経歴紹介

4歳より本田道子バレエスクールにてバレエを始める

91年 埼玉全国舞踊コンクールにてジュニアの部3位入賞
埼玉県舞踊協会賞、埼玉県文化団体連合会会長賞受賞
92年 神戸全国洋舞コンクール・ジュニアの部第10位入賞
堺シティバレエフェスティバルジュニアの部第1位、堺市長賞、富士通賞受賞
ロシア国立ワガノワ・バレエ・アカデミーへ短期留学
93年 英国ロイヤル・アカデミー・オブ・ダンシングへ短期研修参加
94年 「第1回青山バレエフェスティバルin大阪」に出演(大阪フェスティバルホール)
96年 ロシア国立ワガノワ・バレエ・アカデミーへの1年間の長期留学生へ選抜され渡露
97年 エルミタージュ美術館記念公演に出演(ロシア・エルミタージュ劇場)
ロシア国立ワガノワ・バレエ・アカデミーでの1年間の長期留学から帰国
00年 「第1回クラシックバレエコンクールOsaka prix」シニアの部第2位入賞
07年 社団法人日本バレエ協会関西支部主催バレエ芸術劇場「バヤデルカ」のオーディションに合格
“ガムザッティ”役で主役として出演(大阪国際会議場・グランキューブ大阪)
11年 社団法人日本バレエ協会関西支部主催バレエ芸術劇場「パキータ」のオーディションに合格
“パキータ”役で主役として出演(大阪国際会議場・グランキューブ大阪)

現在に至る

堀川賀代
教師の写真

私は先生方に憧れて、いつか私もそうなりたいと思いバレエを続けてきました。
大先生や先輩の先生方から受けた、熱く心のこもったレッスンを私も承継し、次に続くバレリーナを精一杯指導していきたいと思っています。
何事も努力して前向きに取り組めば、出来なかったことが段々と出来てくる喜びを、私が実際に踊り、見せることで感じてもらえるような教師を目指していきたいです。

経歴紹介

4歳より本田道子バレエスクールにてバレエを始める

08年 公益社団法人日本バレエ協会関西支部主催バレエ芸術劇場「白鳥の湖」のオーディションに合格出演。(大阪国際会議場・グランキューブ大阪)
09年 公益社団法人日本バレエ協会関西支部主催バレエ芸術劇場「シンデレラ」のオーディションに合格出演。(大阪国際会議場・グランキューブ大阪)
ザ・バレコン名古屋(ジュニア1部)・セミファイナリスト
10年 公益社団法人日本バレエ協会関西支部主催バレエ芸術劇場「韃靼人の踊り」「ジゼル」のオーディションに合格出演。 (大阪国際会議場・グランキューブ大阪)
ザ・バレコン名古屋(シニアの部)・セミファイナリスト
11年 公益社団法人日本バレエ協会関西支部主催バレエ芸術劇場「パキータ」のオーディションに合格出演。(大阪国際会議場・グランキューブ大阪)
全国バレエコンクールin Nagoya(シニアの部)・ファイナリスト
本田道子バレエスクール・教師課程(2年間)選択
12年 公益社団法人日本バレエ協会関西支部主催バレエ芸術劇場「眠れる森の美女」のオーディションに合格出演。 (大阪国際会議場・グランキューブ大阪)
ザ・バレコン名古屋(シニアの部)・ファイナリスト
全国バレエコンクールin Nagoya(シニアの部)・ういろ賞受賞
13年 公益社団法人日本バレエ協会関西支部主催バレエ芸術劇場「ドン・キホーテ」のオーディションに合格出演。(大阪国際会議場・グランキューブ大阪)
OsakaPrix クラシックバレエコンクール(シニアの部)・17位入賞
ザ・バレコン大阪(シニアの部)・ファイナリスト
全国バレエコンクールin Nagoya(シニアの部)・シルビア賞受賞
教師課程修了しインターンとなる
14年 公益社団法人日本バレエ協会関西支部主催バレエ芸術劇場「白鳥の湖」のオーディションに合格出演。(フェスティバルホール)
本田道子バレエスクール助教師に昇任

現在に至る

木岡多真美
教師の写真

私の1番好きな事は“バレエ”
4歳で本田道子バレエスクールにお世話になってからこの気持ちが変わった事はありません。
学園長、先生方からはバレエを通して様々な事をご指導頂いています。
私も教わった事をたくさん伝えていけるよう努力し、皆さんにバレエに行く時が1番楽しみと思って頂けるような指導をしていきたいです。

経歴紹介

4歳より本田道子バレエスクールにてバレエを始める

05年 OsakaPrix 第6 回クラシックバレエコンクール第2 位。
09年 第22 回こうべ全国洋舞コンクール第4 位。
10年 ロシア国立ワガノワバレエアカデミーへの1 年間の長期留学。
11年 ロシア国立ワガノワバレエアカデミー学校公演に出演。(ロシア・マリインスキー劇場) エルミタージュ 美術館記念公演に出演。(ロシア・サンクトペテルブルク) 15th バレエコンペティション21 第5 位。
12年 OsakaPrix 第13 回クラシックバレエコンクール第2 位。
16th バレエコンペティション21 第4 位。
13年 第3 回わかやま全国バレエコンクール第3 位、ラトビアコンクール賞。
17th バレエコンペティション21 第3 位。
14年 公益社団法人日本バレエ協会関西支部主催・バレエ芸術劇場「白鳥の湖」のオーディションに合格、出演。
(フェスティバルホール)
ラトビア国際コンクール「Rigas Pavasaris 2014」第1 位。
第27 回こうべ全国洋舞コンクール第5 位。

現在に至る

このページのTOP

  • ブログ