ブログ

  • HOME
  • スクールカリキュラム・お月謝
  • 各教場のご案内
  • バレエスクールQ&A

HOMEブログ未分類

団公演「ドン・キホーテ」のことや本番の時の私のルーティンについて‥‥理江香です☆

2016年5月13日 金曜日



おはようございます。

「ドン・キホーテ」の本番からもう1ヶ月以上経ってしまいましたが、その後の初ブログですので、公演について少しだけ触れさせていただきます(^-^)

まず、観にお越しいただきましたたくさんのお客様、公演の開催にあたりご尽力いただきましたすべての方々に改めてお礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

さて、ドン・キホーテ全幕の主役キトリは体力的にキツいとよく言われますが、実は深川先生の演出・振付になると更にハードになるので、ダンサー泣かせ(笑)と言えます。

踊り自体も難しく大変なのですが、いちばんの大きな違いは2幕から3幕の休憩がないところです。(作品のスピード感をなくさないためだそうです)

2幕3場でドルシネア姫を踊り(写真1)早着替えで3幕が始まり、すぐにグラン・パ・ド・ドゥ(写真2)を踊らなくてはいけなかったので、そこが少し(かなり笑)つらかったです。

とはいえ深川先生の振付はお洒落でステキなので、しんどいながらも最後まで楽しんで踊ることができました。

あと、お客様のあたたかく大きな拍手と、たくさんのブラボーの声にもパワーをいただきました*(^o^)/*

ありがとうございました。

写真1
写真2

ここで題名のルーティンについてですが、ラグビーの五郎丸選手がするあの一連の流れの動きで有名になった言葉ですので皆さんご存知ですよね?

バレリーナ全員がどうかは知りませんが、わたしにもルーティンというか本番前に必ずする一連のことがあります。

まず本番前の全ての準備を済ませたら学園長と握手をしてもらい、背中をバン!と強く叩いてもらって気合を入れていただきます。

そのまま幕が降りている舞台の中央に行き、そこにしゃがんで床に両手で触れてある呪文をとなえ(これはヒミツです)、やれるだけの練習はしてきました、あとはただ足元をお護りくださいと心の中で唱えます。

こうすることで気持ちが落ち着き、自分を信じて踊り出すことができます。

それでも緊張はしちゃいますけどね(笑)

私も実はすごく緊張しいなので、こうやって気持ちを落ち着けるパターンをつくりました。

本番は緊張して思うようにいかないって思ってる人は、あなたなりのパターンを探してみるのもいいかもしれませんよ(^-^)/

ではまた☆

     
*****************************

今週のキラキラバレリーナvol.124

2016年5月6日 金曜日

オープンクラス
久保陽子(くぼようこ)さん
 52歳    A型








★☆★プチインタビュー☆★☆ 


Q1>>バレエを始めたきっかけは?                     
A.音楽に合わせて踊りたかったからです。

Q2>>バレエを始めて良かったことは? 
A.気持ちをリセットし易くなったことと、大人でバレエに打ち込んでられる人が多くいることを知れた事。

Q3>>バレエでの今後の課題/目標は?  
A.思うように踊れるようになりたいので、年齢なりに基本になることを身につけたいです。

Q4>>好きな有名人(キャラクター)
A.上原ひろみさん(jazz pianist)

Q5>>当スクールを選ばれた理由、またはレッスンの印象はいかがですか?
A. 選んだ理由はオープンクラスの回数が多かったことです。

レッスンの印象は具体的かつ有効な指導をしていただけることです。
多真美先生は初心者にもわかり易くコツや押さえどころを教えて下さり、自分では見えない、やっているつもりでも実はできていないことを優しく教えて下さいます。

泉北本校でご指導いただいている亜委先生も圧倒的な存在感と豊富な知識と音源を駆使されるレッスンで、適度な緊張感があり上達できます。

理江香先生、薫先生、賀代先生の指導もそれぞれのお人柄のわかる的を得たレッスンです。

このようにオープンクラスでも初心者でも多くの違った先生方に教わることができるのは、とても幸せだと思っております。

担当教師からのひと言…

ららぽーと校のオープンクラスが開講して初めて来て下さったのが久保さんでした!

最初の頃はマンツーマンのレッスンでしたが、とても熱心に受けて下さり嬉しかったです(^^)


柔軟の方も毎日されているようで、最近では開脚もぺったりつくほど柔らかくなられてます‼︎


踊りやすくなる為の体作りをされてる姿、とても素敵です♡


是非、舞台にもチャレンジして欲しいです!


これからも楽しくレッスン頑張りましょう♪


多真美先生より☆

次回のキラキラバレリーナは・・・・
金剛校の甘野愛子(あまのあいこ)さんです!
お楽しみに(^^)/

*****************************
※登場生徒は厳正な抽選により選出され、生徒が未成年の場合には保護者承諾のもとで公開しています。

バレエセッションin浪切・・・・賀代です☆

2016年4月30日 土曜日

おはようございます*(^o^)/*

いよいよ明日からゴールデンウィークですね!!
しっかりストレッチをしつつ、お休みをエンジョイしてください(^_^)
昨日4月29日は、岸和田の浪切ホールにてバレエセッションin浪切の本番でした!
当スクールからは19名が出演しました。
バリエーションの舞台は、ゲネプロ(本番通りのリハーサル)がなく、出演番号の前半後半に分かれての場当たりしかないので、音をかけて踊るのは本番の一回のみ!!
場当たりの様子
場当たりは、10分ほどの短い時間で写真のようにたくさん他の出演者がいる中、自分が出る袖幕や立つ位置、ルートを一曲一通り確認するためのものです。
これだけの人数がそれぞれに動くと当たることもあり、私は場当たり中に思いきりぶつかられ、吹っ飛ばされたことがありました(笑)
初バリエーションの人にとっては、舞台で1人で踊ることだけでなく、これも新たな経験になったことでしょう(^_^)
舞台裏の様子
私は先日LINE@にも書いたのですが、眠れる森の美女第3幕、オーロラのバリエーションを踊らせて頂きました!
何度か踊った経験のあるオーロラ☆
久しぶりでしたが、落ち着いて踊ることが出来て楽しかったです。
6月26日に開催される”HMBSバレエカーニバル2016”では、オーロラのグランパ・ド・ドゥを踊らせて頂くことが決まっているので、昨日の舞台を活かしてもっともっと上達出来るようがんばります!!
出演者の一部のみんなと一緒に☆
     
*****************************

今週のキラキラバレリーナvol.123

2016年4月22日 金曜日

泉北本校インターBクラス
黒川心玖(くろかわみく)さん
 8歳    O型








★☆★プチインタビュー☆★☆ 


Q1>>バレエを始めたきっかけは?                     
A.お母さんの勧めで習いました。

Q2>>バレエを始めて良かったことは? 
A.体が柔らかくなったことと発表会で可愛い衣装が着れることです。

Q3>>バレエでの今後の課題/目標は?  
A.ピルエットが上手に回れるようになることと早くトゥシューズを履けるようになりたいです。

Q4>>好きな有名人(キャラクター)
A.ディズニーキャラクターの”ジェラトーニ”

Q5>>当スクールを選ばれた理由、またはレッスンの印象はいかがですか?
A. 先生方の指導の熱心さと生徒さんが楽しそうにレッスンしている様子を見て選びました。
  

担当教師からのひと言…

いつもニコニコ可愛く、しっかりお姉さんなみくちゃん♪

一生懸命レッスンを受けながら、妹のあいみちゃんのお世話もしています(^ ^)


泉北本校と泉大津校に通っていて、泉大津校ではみんなの憧れの存在です*(^o^)/*


お稽古では難しいこともどんどん出来るようになってきたので、トゥシューズ目指して一緒に頑張っていきましょうね


賀代先生より☆

次回のキラキラバレリーナは・・・・
オープンクラスの久保陽子(くぼようこ)さんです!
お楽しみに(^^)/

*****************************
※登場生徒は厳正な抽選により選出され、生徒が未成年の場合には保護者承諾のもとで公開しています。

団公演ありがとうございました・・・・多真美です☆

2016年4月15日 金曜日

おはようございます!

気付けばもう4月になり新学期がスタートしましたね^_^
慣れない新生活にお疲れの様子の生徒もちらほら居ますが体調など崩さないように気をつけて下さいね!

さてLINE@でもお話させて頂きましたが改めまして、バレエ団公演「ドン・キホーテ」本当にありがとうございました。

今回も感謝してもしきれない程の経験をたくさんさせて頂きました。
皆で一致団結しリハーサルに励んだ日々は一生忘れる事の出来ない宝物です☆

終演後にみんなと(*^_^*)

今回私の踊らせて頂いたメルセデスは一緒に踊るエスパーダやトレアドールの男性達の中で、「姉御的な雰囲気で踊るように」と初回のリハーサルで秀夫先生からご指導されました。

昔からゆっくりとした雰囲気の曲を踊らせて頂く事が多かった私にとって、メルセデスは上半身の使い方、顔の表情、眼の使い方など初挑戦な事が多く勉強させて頂く事がたくさんある役でした!
今までの自分になかったキャラを演じることができ嬉しかったです(^^)

りえこ先生・ゲストの男性と☆

リハーサルの始まった昨年の11月から本番まで本当にあっという間に時間が過ぎた気がします。終わってしまい寂しい気持ちもありますが次の舞台はすぐやってきます!

4月29日には岸和田の浪切ホールにてバレエセッションin波切、6月26日には泉の森ホールにてHMBSバレエカーニバルに出演します♪

そして私は6月にもう一つ、出演依頼を受けた舞台があります!
詳しい事はまた後日お知らせさせて頂きますがまずはチラシだけ紹介しますね(*^_^*)

ゲスト出演します!

                 
気持ちを切り替えてまた次に向けて日々練習に励みたいと思います!

     

*****************************

今週のキラキラバレリーナvol.122

2016年4月9日 土曜日

オープンクラス
三井薫(みついかおる)さん
 O型








★☆★プチインタビュー☆★☆ 


Q1>>バレエを始めたきっかけは?                     
A.子供の頃からやりたかったバレエが大人からでも出来るのを知って

Q2>>バレエを始めて良かったことは? 
A.年齢に比べ後ろ姿が若く見えると言われます(笑)

Q3>>バレエでの今後の課題/目標は?  
A.なかなか上達はできませんが、後退しないように長く続けて行きたい

Q4>>好きな有名人(キャラクター)
A.広岡浅子

Q5>>当スクールを選ばれた理由、またはレッスンの印象はいかがですか?
A. 見学に来たときに、皆さんがとても楽しそうにレッスンされてました。また先生のお声で見学している私も背筋がピンと伸びました。
初心者の私でも丁寧に教えて下さり感謝しています。
この頃は仕事でレッスンに参加出来ないことも多いですが、大好きなバレエを少しでも永く続けたいと思っています。
  

担当教師からのひと言…

10数年前にレッスンを始められた頃から、本当にお変わりのない三井さん。

肩が痛くて、腕が上がらない時期が長く続いた時も、レッスンに来て頑張っておられました。

華やかな方ですから、レッスン中も笑顔を絶やさず、楽しんでおられるのを見て、私もほっこりします。

自分のためにレッスンをして、女性としての「若さと美」を維持・追求している姿勢が強く感じられます。

嬉しいことですね。
今まで同様、これからもお変わりなくレッスンを楽しんでくださいね。

あき先生より

次回のキラキラバレリーナは・・・・
泉北本校の黒川心玖(くろかわみく)さんです!
お楽しみに(^^)/

*****************************
※登場生徒は厳正な抽選により選出され、生徒が未成年の場合には保護者承諾のもとで公開しています。

早くも一週間!バレエ団公演ロス?

2016年4月8日 金曜日

おはようございます。

団公演の話題はもっと早くブログに載せたかったんですが、本番後の後片付けに追われ、今になってしまいました。

本田道子バレエ団公演「ドン・キホーテ」全幕(リハーサル)

そう、先週の今朝は、第2回バレエ団公演「ドン・キホーテ」全幕の本番に向けてドキドキしながらフェスティバルホールへ出発していました。

準備は完璧なつもりでも、思いもよらないことが発生することはしばしば。

最後まで油断はできません。

2階建ての豪華セット

特に当日は雨模様。
幸い朝晩は止んでいたので私たちは全く雨に濡れませんでしたが、お客様が出かけられる時間帯に雨が降るとどうしても客足に影響が・・・

ただ、スクールを含め当団の舞台本番で雨になったのは、ほんの1、2回(約50年間で!)。

台風直撃のときでさえ、本番前に台風の目に入って風も雨も止むなど、団長の晴れ女パワーもさることながら、まさに「神様のおかげ」を実感してきました。

なので、どこか安心はしていましたが、お出かけの時間帯によっては雨降りの中、たいへんな思いをされながらお越しくださった方も多かったかと思うと、本当に感謝でいっぱいです。

ありがとうございました。

ともかく無事に終わったのは幸いでしたが、肝心の公演自体もカーテンコールでは何分間も大きな拍手をいただくことができました。

大きなセットなので、スタッフの数も多いんです

今回の「ドン・キホーテ」はスペイン・バルセロナを舞台に「恋人同士のキトリとバジルが、交際を反対する父親をうまくだまして最後に結婚する」という楽しいお話し。

ただ、ほとんどの方はバレエ作品の内容(あらすじ)をご存じないままご覧になっていることを、前回の公演「白鳥の湖」で実感しました。

バレエ作品の多くは物語です。
作品のあらすじだけでも分かると、何倍も楽しんでいただけます。

これは2幕1場の酒場のセット

そこで本格バレエ公演では恐らく当団が「初」となる、ストーリー(あらすじ)をナレーション付きの字幕にして、開演前の緞帳に投影する「仕掛け」に挑戦。

当初は「公演の雰囲気を壊すのでは?」という心配もありましたが、何パターンもナレーションを吟味し、投影する字幕の書体までこだわって作成した甲斐あって、結果的には大好評でした。
そして、たくさんの方から「また次も見たい」「次が楽しみ」というお言葉もいただけたことで、次への自信が深まりました。

第2幕2場のリハーサル風景

出演者からは「ドンキロス」という言葉がでてくるほど、この舞台にかけてきた数ヶ月間は充実したものでした。

一つの目標に向かってみんなで努力して結果を出すことは、決してお金では買えない貴重な人生の宝物です。

特に付属スクールからの出演者のみなさんには、こんな経験をさせてくださるお父様やお母様への感謝を忘れないでくださいね。

では、また次に向かって頑張って参りますので、

ぜひ次回公演もどうぞお楽しみに!

PS.
写真はリハーサル風景から(初公開)。

バレエ団公演「ドン・キホーテ」豪華プログラム完成!

2016年3月29日 火曜日

いよいよ三日後に迫った、本田道子バレエ団第2回公演「ドン・キホーテ」全幕のプログラムが完成しました!

そこで、本番前ですがプログラムの中身(一部ですが)まで大公開します。

日程的にどうしても公演を見られない方も、この画像でぜひ気分を盛り上げてくださいね。

[表紙]金の文字は実際に金属調の加工

[裏表紙]両面ともすごく反射するので撮影が大変です
この角度なら、表面と文字の光沢感が分かると思います

右が前回のプログラム。どちらも豪華!

演出/振付の秀夫先生のページ
あき先生(バレエ団ミストレス)のページ

りえこ先生(バレエ団プリンシパル)のページ

貴重なリハーサルシーンも満載

著名な舞踊評論家の先生に執筆依頼した解説!

高価な紙を使った、40ページを超える豪華なプログラムです。

ビジュアル面だけでなく、作品のあらすじを読みやすいように配慮したり、解説やリハーサル風景も多数掲載して、見応え/読み応えのあるプログラムに仕上げました。

ただ、豪華にするためにはそれなりのコストが必要で、実際に今回も一冊あたりの原価が軽く2.000円を超えてしまいました。
もちろん、そこまでお金をかける必要はないのかも知れませんが、日本の最高峰の舞台「フェスティバルホール」で実質的に単独公演を行う、ほぼ唯一のバレエ団のプライドとして、この販売で僅かな利益を上げるよりも、公演後に残るただ一つの証(あかし)だからこそ「いい物」を残したいと考えています。
公演の思い出にもなるものですので、ホールへお越しの際はぜひお買い求めください。
では、4月1日の公演「ドン・キホーテ」をどうぞお楽しみに!

いよいよ「ドンキ」本番です・・・亜委です

2016年3月26日 土曜日
昨年11月から振付を始めたバレエ団公演「ドン・キホーテ」。
まる4ヶ月間、全力で突っ走ってきました。

<写真は全てリハーサル>

「開演してしまえば、あっと言う間に終わりやねぇ…」
先日のリハーサル後に、団長がポツリとつぶやいた言葉です。

確かに、この公演にかけてきた時間を考えると、本番なんて一瞬で終わるようなものです。

これだけ必死に練習を重ねてきて、1回限りの本番じゃあもったいないと思うのは当然のこと。

完成度が高くなればなるほど、その思いは強くなります。

でも、1回しかない本番だからこそ、一点集中して全力で取り組めるともいえます。
私がロシアの国立ワガノワバレエ学校に留学していた時には、生徒証明書があれば無料でキーロフ劇場(現マリインスキー劇場)の5階席(1番上)で見ることができました。
留学当初は、世界最高峰のキーロフバレエ団を無料で見られるのが嬉しくて、全部見に行っていました。
3日間公演で中1日休演。

そんなローテーションで、古典から創作、そして、まだ出始めのコンテンポラリーまでバレエ三昧。

でも3ヶ月も通うと、すっかり「見飽きる」状態になってしまいました。
キーロフバレエ団の出演も、1軍が海外公演や遠征などで留守がちになると、当然2軍の出演が多くなるため、感動するような舞台が減ってきたのも一因です。
ただ2軍とはいえ、素晴らしい体型と美しいお顔。

普通だったら、感動できるはずなのに、良いものも見すぎてしまい、何も感じなくなっていく自分がこわかったですね。

その分、目が肥えたことは確かですが、初めてみたときの感動はもうできない!?のかと思うと少し寂しいです。

結局のところ、人間は贅沢なもので、毎日最高級のステーキを食べていたらご馳走とは思わなくなって、反対にご飯とお漬物が最高のご馳走に感じる生き物なんですよねー

・・・要は、どんなに刺激的なことでも、それが非日常から日常になると「飽きてしまう」!

そう思うと、当団の公演が1回公演なのが「ちょうど良い」んですよ!(無理やりこじつけてます^笑^)

もちろん、理想を言えば「ダブルキャストで2回公演」。

ダブルキャストなら、2回公演でも出演者が入れ替わるので、踊り手の気持ちも新鮮ですし、見る側にしても好きな主役やキャスティングの方を選べたり、両方見て比べる楽しみもできます。

そのためには団員が今の2倍(主役もソリスト級も)必要なので低くはないハードルですが、いつか実現したいと真剣に考えています。

いずれにしても、本番に出演者の気持ちがMAXにならなければ意味がありません。

ましてや、見る方(お客様)にとって肝心なのは、せっかく時間をかけて見に行く「1回」の出来栄え。

今回の出演者たちにも言っているのが、
「まず自分自身が感動するくらい、全身全霊で踊りなさい」ということです。

前回の「白鳥」のように全員の気持ちが一つになる「いい舞台」では、本当に鳥肌が立つほど感動しながら踊れるものです。

逆にこの状態にまで達しなければ、お客様の心を揺さぶることはできません。

今回の公演が最高の「いい舞台」になるように、残りのリハーサルにスパートをかけて、拍手でフェスティバルホールの壁がひび割れるくらいの「ドン・キホーテ」をご覧いただきたいと思います。

では、4月1日フェスティバルホールでお会いしましょう!


追伸

当日券はご用意していますが、S席は残少です。
事前のチケット予約は事務局で承っていますので、ぜひご利用ください。

本田道子バレエ団事務局:072ー291−8981

今週のキラキラバレリーナvol.121

2016年3月18日 金曜日

本部校インターBクラス
角沖晴香(つのおきはるか)さん
10歳    A型








★☆★プチインタビュー☆★☆ 


Q1>>バレエを始めたきっかけは?                     
A.お母さんの勧めで習いました。

Q2>>バレエを始めて良かったことは? 
A.姿勢がキレイとよく言われること。
 かわいいお衣装が着れること。

Q3>>バレエでの今後の課題/目標は?  
A.もっともっと上手になって将来はバレエの先生になりたいです。

Q4>>好きな有名人(キャラクター)
A.アリーナ・コジョカル、オードリー・ヘプバーン、浅田真央

Q5>>当スクールを選ばれた理由、またはレッスンの印象はいかがですか?
A. 見学をしに来たその日にレッスンを見て「ここだ!」と思いました。
大先生をはじめ先生方からはとても丁寧でメリハリのある
レッスンをご指導していただけるので、娘はバレエに行くのが楽しくて仕方ないようです。
また、バレエ以外の大切なことを先生方からお話してくださる機会もあり、このスクールに通わせて本当に良かったと感謝の気持ちでいっぱいです。
  

担当教師からのひと言…
いつもレッスン前にいろいろな踊りを踊って見せてくれるほど”バレエ大好き”オーラ全開の晴香ちゃん☆
レッスン中は真剣な眼差しで私の話をよく聞いてくれています。

昨年のカーニバルでは初ヴァリエーションデビューをし、一人で踊ることの楽しさや大変さを経験した晴香ちゃんは、今回のバレエ団公演に子役として出演ですね。
列や間隔、周りのみんなと揃え気持ちを一つにして踊る事の大切さもしっかり学んでいますね。

これからもこの経験を活かし、素敵なバレリーナになれるよう頑張ってください(*^_^*)

薫先生より♪

次回のキラキラバレリーナは・・・・
オープンクラスの三井 薫(みついかおる)さんです!
お楽しみに(^^)/

*****************************
※登場生徒は厳正な抽選により選出され、生徒が未成年の場合には保護者承諾のもとで公開しています。

月別アーカイブ

  • ブログ