ブログ

  • HOME
  • スクールカリキュラム・お月謝
  • 各教場のご案内
  • バレエスクールQ&A

HOMEブログ

結び方、綺麗?!、、、賀代です☺️

2019年2月24日 日曜日

賀代です😊

 

トゥシューズのリボン🎀

綺麗に結べていますか??☺️

 

先日、生徒たちがトゥシューズを履いているのをじっくり観察してみたんです👀✨

 

しばらく何人かを見ていると、

綺麗に結べているのに「最後がもったいないな〜!」

と思う結び方の子が何人かいました🥺

 

そこで、

動画第2弾を作ってみました🥰

 

トウシューズのキレイな結び方動画

 

どうでしょう?🎀

写真では伝えにくかったので動画に😊👆

 

 

⚪︎内側のリボンを内くるぶし辺りまで回す

⚪︎外側のリボンを一周半回す

 

ここで結んでおしまいの人が多いですが、

入れ込んだリボンが出てきてしまう可能性が高いんです💦

 

なので、ここからほんの少しの

手間を加えることで綺麗+リボンが出てこない結び方に✨✨

 

 

⚪︎外側のリボンを上から下へ斜めに通す

⚪︎もう1つ(内側)のリボンを外側から戻してくる

これをすることで、

リボンがグチャッとシワシワになるところが

見えずに結べるんです☺️

 

動画ではスルスル結んでいますが、

私も先生に教えてもらってから

慣れるまでは何度もたくさん練習しました😂

 

舞台に出るとき、

リボンが出ていないかな〜?と気になりますよね😣

そんな人には特におススメします✨

 

頭のセットが上手くいくと気分が上がるように、足元も綺麗に結べると良いのでは、、、?!🥰

 

是非一度、

あなたも試してみてください❣️

 

踊っている最中にリボンが出てくる心配が

なくなりますよっ😊

簡単そうだけど‥‥‥理江香です🍀

2019年2月21日 木曜日

理江香です。

 

先日、ある生徒の個人レッスンをしていた時のこと。

 

プリエが苦手な彼女のために、躍る前におすすめのストレッチを教えていたんですね。

 

それをたまたま見ていた団員の子が、自分たちもできるか気になったらしく、やってみたら‥‥

 

意外とできない〜😱😱😱

 

パッと見、簡単そうなのに〜😱

 

それが、こちら⬇️

そう、前屈の変化系。

 

なんだ〜、バレリーナなら前屈なんて簡単やんって思いましたよね。

 

でもこれは、普通の前屈とちょっと違います。

 

どう違うか説明しますね☝️😊

 

まず、いちばん大切なのは背中と腰❗️

 

できるだけ伸ばして反らせ、丸くならないように顔も上げておきましょう。(普通の前屈は顔を足に近づけますね)

 

最初はこれくらいに、手を床につけるところからやってみましょう。

こうすると、腿(もも)の裏側からふくらはぎまで、普通の前屈よりもすっごく伸びるんです。

 

手のひらを床につけるのが楽になったら、少しずつ下がっていって、最終的には両肘を床につけられるよう頑張ってみましょう。

 

私も最初は全然つきませんでしたが、毎日しているうちに、少しずつできるようになりましたよ。

 

今ではレッスン前や途中など、気がついた時にしていて、やった後は足がスッキリして動きやすく感じます。

 

ただ、注意点も☝️

 

前屈していく時にひざ裏を後ろに押さないこと

 

ひざ裏に過度な負荷がかかり、痛めてしまう場合が😱

 

ひざをピンピンに伸ばし過ぎず、ほんの少しひざ裏に余裕があるくらいの状態で前屈するのがベスト。

 

以前、あまり注意せずにパッとやってしまった私は、右ひざの裏側が痛くなってしまったこともあるので、気をつけてくださいね。

 

とはいえ、ひざ裏に余裕ってこれであってるって思ったあなた☝️

 

ぜひ、担当の先生にじかに触ってもらって、チェックしてもらってくださいね😊

 

私なんか聞いてもいいのかな〜なんて思わないで、待ってますよ〜😊😊😊

プリエ第2弾・・・薫です☆

2019年2月19日 火曜日

 

薫です🐷

 

さて、皆さん!(浜村淳さんみたい笑笑🤣)

 

前回のブログを読んで、よりプリエを意識してレッスンしていますか〜?

 

*前回のブログへはこちらから

 

お待たせしました!

 

 

今回は、予告していたように、正しいプリエの仕方をご紹介しますね🤗

 

 

この写真を見てください
↓↓↓

 

どちらが正しいプリエかわかりますか?

*モデルさん、だいぶ極端に違いを見せてくれているので、すぐわかると思いますが😂

 

⏳⏳⌛️

 

正解は、、、

 

 

 

 

左で〜す‼️

 

つま先と膝が同じ方向にむいて、プリエするのが、正しいプリエの仕方なんです😊

 

つま先と膝が違う方向を向いてプリエしていると、とっても危険😱

 

膝がズレて関節が痛み出したり、前太ももに力が入り、足が太くなってしまったりします😖😖

 

 

先日の学園長が直接指導して下さる、“特別クラス1“でも、

 

「バレエやってて、足が太くなっていくのは、使い方が間違っているからよ!毎回正しくレッスンしなさい!!」

 

と、受講者に注意がありました。

(*ちなみに、特別クラス2は、スクール特別講師である深川秀夫先生のクラスです😊)

 

 

 

もともと骨盤のつき方が開いてる欧米人と違い、日本人のほとんどが内向きがち😣

 

“じゃあ〜私はバレエに向いてないからあかんわ〜😔“

 

って、思ったあなた

 

ちょっと待って✋

 

毎回のレッスンで足の付け根から外足にする意識をしながらレッスンしていくと、少しずつ外向きの足に近づいていきますから、

 

 

『絶対、あきらめない‼️』

 

これ、とても大事です☺️

 

毎回意識してレッスンし、あなたがどんどん変化していく姿を楽しみにしています🤗

ちょっとした心がけ・・・亜委です

2019年2月18日 月曜日

あきです😊

 

1月も2月も“お熱”でお休みの人が多いです😭

 

我が家もそうでしたが、インフルエンザではないのに、高熱が出る風邪?を患っているようです〜〜😱

 

そうなったらレッスンは休んで、2、3日寝たまま過ごすと治りが早いんですが・・・

   

復帰したレッスンでは、

ちょっと動いただけで「あ〜〜😨しんど😱」

だったり、

「休む前はあんなにルルベ(背のび)のかかとが上がり、背が高かったのに〜〜😭」

って、思ったことありませんか?

 

もちろん、病み上がりなので復調するまで時間がかかりますが、

どういう仕組みでそうなるのか、あなたは分かりますか?

 

実は、しんどい原因は、

「筋力が低下してしまった」

からなんです。

 

では、いったいどこの筋力が低下すると思いますか?

 

下半身!

 

って思ったあなた・・・

 

ブッブー、不正解!

 

正解は、

「足指の筋力」

なんです!

 

クラシックバレエではルルベ(背のび)している時間が多く、

足指で自分の体重を支えて踊っていることになります。

 

またまた薫 先生のルルベを使いますが、写真のように床と足指の接点に力を入れないと立てません。

 

つまり、

上から床を押す力を出すためには、足指をしっかり伸ばす必要がある!ということ。

なので日常生活でも、

歯磨き中は背のびするとか、階段は背のびで上がるなど、

少し意識を変えるだけで、いつでもどこでも筋力維持はできるんです。

 

もし体調不良でレッスンを休んでしまったら、

焦らずに復帰レッスンで足指に力を入れるように心掛けてみてください!

筋力復活の速さが全然違いますよ〜〜😊

 

でも一番大切なことは、休まないこと!

 

(昔から)バレエでは

「1日休むと自分にわかり、

2日休むと相手にわかり、

3日休むとお客様にわかる」

と言われるほどなんですから!

 

まだまだ寒い日が続くので、

特に舞台を控えているあなた、体調管理は万全にお願いしますね…👋

★洗う前の手(あちこち触った手)で、鼻や目を絶対に触らないように心掛けると全然違いますよ!

チャレンジ💪…多真美です!

2019年2月17日 日曜日

 

多真美です😊

 

昨日のレッスンで、みんなあることに挑戦‼️

 

それは…

 

“ピルエットのダブル(2回転)”

 

「今日は、ダブルを回ってみましょう〜」

 

と、私が言うと、

 

「えぇ‼️ダブルはまだ無理〜💦」

 

「絶対回れない💦」

 

と、みんな口を揃えてマイナス発言😒

 

「そんな、後ろ向きな考えはダメ〜🙅‍♀️」

 

「じゃあ、いつになったら回れるの?中学生になったら勝手に出来ると思ってるの?」

 

と、一喝😤😤

 

何でも、練習しないと出来るようにならないんだから、やってみる前に、

 

「無理」「出来ない」

 

なんて事を言うのも、思うのもやめましょうね😉

と、いう話をしました。

 

あなたも、レッスンでやってみる前から諦めてしまっていることはないでしょうか?

 

どんな事でも、やる前から無理とは思わず、まず挑戦することが大事‼️

 

やってみてくれないことには、先生たちも何のアドバイスもしてあげることが出来ません😓

 

彼女たちにも、「絶対回る‼️と思いながらやってごらん☺️失敗しても良いんだから😉」

 

と、言いながら練習しました。

 

 

 

もちろん、最初から上手くはいきませんでしたが、何度も練習するうちに、みんな短時間で急成長✨😳

 

本人たちも、だんだん回れるようになってきて嬉しそう😁

 

「練習していけば、出来るようになるんだから、無理〜なんて思わないで、これからも頑張っていきましょう😉」と、言って昨日のレッスンは終了しました🎶

 

やる前の、出来ない〜😞と言ってた彼女たちとは別人のように、「はい‼️」と、みんな良いお返事をして帰っていきました😌

 

昨日の1日で、みんなが一歩成長してくれたことに、とても嬉しく思います💕

 

これからも、いろんなことに、どんどん積極的に挑戦していってくださいね💪

 

応援していますよ😉💕

 

ではまた👋

 

今週のキラキラバレリーナvol.194

2019年2月15日 金曜日

金剛校

幸田百々子(こうたももこ)さん

5歳 血液型不明

 

 

☆☆☆プチインタビュー☆☆☆

 

Q1>>バレエを始めたきっかけは?

A.本人が「バレエを習いたい!」と言い出したから

 

 

Q2>>バレエを始めて良かったことは?

A.体が柔らかくなり、きれいな姿勢を意識するようになったこと

 

 

 

Q3>>バレエでの今後の課題/目標は?

A.手足の先、ひざをピンときれいに丁寧にすること

 

 

Q4>>好きな有名人(キャラクター)

A.エルサ(アナと雪の女王)

 

 

Q5>>当スクールを選ばれた理由、またはレッスンの印象はいかがですか?

 

A.毎回とても楽しくレッスンを受けさせていただいています。

時々、集中力が切れてしまいボーっとしてしまう娘を、上手にきちんと指導してくださることに感謝しています。

これからも憧れの先生のもとで頑張っていきたいと思います。

 

 

 

担当教師からのひと言・・・

 

とてもしっかりしているももこちゃん。

少し難しいかな‥‥と思うことでもレッスンで教えてあげると、次の時までにお家でちゃんと練習してきてくれて、「先生見て〜!」と踊ってみせてくれます。

ママの言うとおり、たま〜に意識が宇宙に行ってしまう時もありますが(笑笑)そこがまた子供らしくてかわいいです。

本番用のリボン付きバレエシューズも、もう自分で結んでいるのでえらいですね。

次の発表会に向けて、また一緒にレッスン頑張りましょうね。

 

理江香先生より

 

 

次回のキラキラバレリーナは・・・・

 

 

河内長野校の八木咲妃子(やぎさきこ)さんです。お楽しみに(^o^)/

 

 

※登場生徒は厳正な抽選により選出され、生徒が未成年の場合には保護者承諾のもとで公開しています。

初めてトゥシューズ✨、、、賀代です😊

2019年2月14日 木曜日

賀代です☺️

 

初めてトゥシューズを履いた日のこと、

あなたは覚えていますか?😊

 

私はよ〜く覚えています😁

 

念願のピカピカ綺麗なトゥシューズ😍💕

 

とっても嬉しいーー❣️という気持ちと、

トゥシューズってこんなに立つのが難しいの?!という衝撃の、2つの気持ちが入り混じっていました😂

 

 

初めてトゥシューズを履く子を見ると、

自分の履きたての頃を思い出し、

初心を忘れてはいけないなぁと気持ちを改めています🥰

 

 

 

泉北校では最近、

2人の生徒が初めてトゥシューズを履きました✨

 

トゥシューズをもらって

とーっても嬉しそうな顔をしていたので、

見ているこちらまで幸せな気持ちに💓

 

2人とも、ピンクちゃんの間から

ずっと紐のバレエシューズを履いていたので、慣れた手つきで紐を結ぶことができました😊

 

 

普通なら

紐の結び方から教えて、

結び方を覚えるのに結構時間がかかります。

 

私もそうでした💦

 

ですが、紐のバレエシューズとトゥシューズの結び方は全く同じなので、2人のようにピンクちゃんのうちから結ぶことに慣れておくのは良いことですね☺️

 

写真右は、

紐は自分で結べたのですが、

残りの紐をどう入れ込むかを、先輩お姉さんたちがお手伝いしてくれている、微笑ましい様子🥰

 

トゥシューズを履いたら

もうバレエシューズに戻ることはありません❣️

 

これから先ずーーっとトゥシューズ✨

しっかりお稽古をして、

一緒に鍛えていきましょうね💪💕

 

トゥシューズを目指しているあなたも、

是非一度紐のバレエシューズを結ぶ練習、

してみてくださいっ✨

 

いつか、

役立つときが必ずきます🥰

おめでとう🎊‥‥‥理江香です🍀

2019年2月12日 火曜日

理江香です。

 

 

団員の 髙田   美羽 さんが「大阪府高等学校芸術文化連盟」から表彰されました🎊㊗️

どんなことで表彰されたかというと‥‥

 

当団公演などの舞台活動やコンクールでの受賞歴が、高校生の模範となる芸術活動として、大阪府の高等学校の芸術文化に貢献したと、連盟から認められたからだそう😊

 

ちょっとこの説明、難しいですね😅

 

簡単に言うと、バレエでよく頑張り、同じ高校生の良いお見本になる活動をしましたね〜ってことで、表彰してもらったって感じですね😊

 

 

高校生になってからの受賞歴でいうと、一昨年にJBC(ジャパン バレエ コンペティション)でクラシックバレエ高1・高2女性部門 5位に入賞。

 

そして昨年末、このコンクールの上位入賞者だけが出場することのできる、JBC  グランドチャンピオンシップス   2018(フィギュアスケートでいうとグランプリ  ファイナルみたいなもの)で7位をいただきました。

 

7位という順位は、もっと上を目指して頑張っていた本人にすれば、くやしい結果ではありましたが、本番に上手くできなかった箇所も含めて、たくさんの学びがあったコンクールでした。

 

何より、上位入賞者だけが集まっているので、とてもレベルが高く、上手な人達と競い合えたのは、彼女にとっても良い勉強になったと思います😊

 

この写真のようにたくさんの、審査員特別賞もいただきました😊

 

春には高3になり、大学受験が控えている美羽さん。

 

でも、普段のレッスンもほとんど休むことはなく、テスト中でもどんな時も、学校行事で来られない時くらいしかお休みしないので、きっと両立しながら頑張ってくれることと思います💪😊

 

 

コンクール目指して頑張っているあなたも、日々努力していると思います。

 

いつも伝えていることですが、コンクールがバレエのすべてではありません。

 

でも、それに向かって努力することで目に見えて上達するし、舞台経験として学べることはたくさんあります。

 

それぞれの目標に向かって、こつこつと頑張ってくださいね😊

 

先生たちも「指導」というかたちでめいっぱい応援します💪💪💪

 

ではまた👋😊

これ、大事❣️・・・薫です☆

2019年2月11日 月曜日

 

薫です🐷

 

あなたが、レッスン中によく受ける注意って何ですか?

 

“膝!つま先!“

 

“アンディオール!(外足に)“

 

“肩下ろして!“

 

“腰あげて〜!!“

 

 

全部言われてる〜〜⁇🤣🤣🤣

 

 

まだまだ、受ける注意はたくさんあると思いますが、その中でもとても大事なのが…

 

 

 

“プリエ“✨✨

 

プリエとは、「曲げる」という意味があります😊

 

プリエは基本中の基本の動きなので、レッスン中に何度も何度も出てきます。
(バーレッスンの始めに行うプリエだけで、少なくとも15回以上はプリエをします😉)

 

プリエは、ただ膝を曲げ伸ばしするだけのように見えますが、大切な動きのひとつなんですよ🤗

プリエは動作と動作をつなぐ役割があり、うまくプリエができるようになると、動きがなめらかになり、踊りもしなやかになるんです👍

 

逆にプリエがうまくできていないと、何だかギクシャクした動きになってしまいます😣

 

他にも、ジャンプする前や着地、ピルエット(回転)するときの前後に行うプリエは、とても大切なんです😊

 

フィギュアスケート⛸もそうですよね〜
ジャンプをする前の踏み切りや、着地の仕方を見ていると、バレエと共通するものがあります😊

 

バレエに限らず、あらゆるスポーツでもプリエのような動きはたくさんでてきます。

お相撲さんの四股(しこ)もそのひとつ。

 

また、日常生活にも、階段の昇降や立ったり座ったり、プリエを応用している動きがたくさんあります。

 

年齢を重ねていくにつれ、どんどん弱っていくのが、まず足腰😣

 

“足腰を鍛えるためにスクワットをしましょう!“

 

などと、よく言われていますが、

 

 

バレエのレッスンをしたら、わざわざスクワットしなくても良いのですよ〜😊

 

レッスンの中で、十分なプリエを行っているので、ものすごく鍛えられているんですから✌️

 

ただ、間違ったプリエをしては怪我のもとに・・・😥

 

正しいプリエの仕方は、また次回のブログにてご紹介しますね🤗🤗

こんなのを目指して!・・・亜委です

2019年2月10日 日曜日

あきです😊

 

私、レッスン中によく裸足になって見本を見せるんですが、

足指の付け根をしっかりほぐしておかないと、

ルルベ(かかとを上げて背伸びした状態)が低くくなってしまいます😱

 

「先生やのにルルベ低いやん〜〜」

と思われないよう必死に頑張っております〜〜😵

 

1ミリでも高くなるようにするには、足指のストレッチはとても重要なポイント!

 

↑  薫先生のつま先。こんな綺麗なルルベに憧れますよね〜〜

 

「ストレッチ特化クラス」でもまず最初に、足指を動かす練習をたくさんします。

 

美しい足先を目指すはためには、

手の指と同じように自由自在に動かせる足指になることですから、

しっかりほぐしておかないと、

「足がつった〜〜😱痛い〜〜😭」なんて、あなたも経験したことありませんか?😨

 

そんな痛い思いをしないためにも、足指の訓練をしっかりすることが大切。

 

バレエが上達するためにもストレッチは欠かせなんですが、

自己流ストレッチでは筋肉を痛めてしまうこともあるので要注意!

 

自己流の人は一回でもいいので「ストレッチ特化クラス」を受講して、きちんと方法を知ってからおこなうようにしましょう!

 

他にはない「ストレッチ特化クラス」ですから、

あなたもみんなのようにしっかり活用してくださいね。

 

それと、大切なのは身体のメンテナンス!

痛めてしまったら、大好きなバレエが踊れなくなってしまいますからね😨

 

でも、整体やマッサージに頻繁に通う必要はなくて、

普段は足つぼゴリゴリや、手のひらゴリゴリでも十分です。

 

という私自身、「そんなん好きやなぁ〜〜」と娘に言われるほど・・・健康グッズを見つけるとついつい買ってしまいます(^_^;)

 

先日も、出先でいいものを見つけたんです!

 

それがこれ…

何だか分かりますか?

 

実はこれ、ヒバの木で作られている手の平用のツボ押しなんです。

 

使い方は簡単で、手の平で握って親指の付け根のあたりに当てて、

グリグリするととっても気持ちよくて、肩こりも楽になるんです!

 

もちろん足裏にも使えて、足つぼゴリゴリがまた痛気持ちいい〜〜!

 

小さくて軽いので携帯するにはピッタリ。

ポケットに入れて持ち歩いてます💕

 

しかも木の良い香りがして、癒し系…リラックス効果もあって、

香りにつられて我が家の猫ちゃん🐱は抱きしめて〜〜嬉しそう💕

 

あらら、話がそれましたが、

あなたも薫先生のような「綺麗なつま先」を目指して、訓練とメンテナンスをしてほしいなぁ〜〜

と願うあき先生です。

 

P.S.

「ストレッチ特化クラス」の日程は毎月配布している予定表に記載してますので、

興味のある方は担当教師/事務局にご相談くださいね😊

月別アーカイブ

  • ブログ